The Racing Gene It’s in our blood

1954年、Hondaは 「マン島TTレース出場宣言」を発表。世界の舞台で戦うという強い意志を発信しました。その想いは現代へと受け継がれ、
レースはHondaのDNAとなっています

About HRC
ファイナルプラクティスではトニー・カナーンが最速、マーカス・エリクソンが2番手。佐藤琢磨も3番手と好調を維持 インディカーとF1、両方で活躍するドライバーたち ポールポジションのスコット・ディクソンと予選トップ3が記念撮影。午後のプラクティス2時間ではアレックス・パロウを筆頭にHonda勢がトップ5を独占 INDY500 ~夢と挑戦の始まり~ スコット・ディクソンがインディ500予選で2年連続ポールポジションを獲得。Hondaは3年連続のポールポジション
1
2
3
4
5

INDYCAR SERIES