Race
INDY 2021
Round 3

テキサスでのレース1でスコット・ディクソンが優勝し、Hondaは開幕3連勝

us Texas Motor Speedway

2021年のインディカー・シリーズ第3戦ジェネシス300がテキサス州ダラス近郊のテキサスモータースピードウェイで開催されました。グランドスタンドや、インフィールドのキャンプ場にも大勢のファンを迎え入れて行われた今シーズン最初のオーバルレースはスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が今季初優勝を飾りました。Hondaは開幕から3連勝と、快調なシーズンスタートを切っています。

テキサスでのレース1でスコット・ディクソンが優勝し、Hondaは開幕3連勝

テキサスモータースピードウェイでのレースはインディアナポリス500マイルレース後の6月に行われるのが恒例でしたが、今年はインディ500の前に、ダブルヘッダーでの開催となりました。週末の2レースに向けた予選が土曜日の午後に予定されていましたが、午前中に雨が降った影響でコースの乾燥に長い時間がかかったため、予選はキャンセルされました。

レースのスタートは夕方の6時過ぎで、曇り空の下で気温は22℃という低さでした。ポイントスタンディング3番手のディクソンは2列目イン側の3番グリッドからレースに臨み、グリーンフラッグ直後に2番手へと一つ順位を上げました。テキサスで過去4勝を挙げているディクソンは、昨年のテキサスの覇者でもあり、ポールポジションからスタートしていたチームメートでポイントリーダーのアレックス・パロウ(Chip Ganasshi Racing)も3周目にパスし、トップに立ちました。

先頭に立ってからのディクソンは完全にレースをコントロール下に置き、212周で行われたレースのうち、206周をリードして今シーズン初勝利のチェッカーフラッグを受けました。ディクソンならではの圧倒的かつ冷静沈着なパフォーマンスが見られたレースとなりました。この勝利によって彼は2021年シーズンのポイントリーダーに躍り出ました。

ディクソンはテキサスでの5勝目、キャリア通算51勝目をマークしました。また、今回のディクソンの勝利は彼にとって19の異なるシーズンでの優勝ともなりました。これまでディクソンはA.J.フォイトと18シーズンでの優勝で最多タイに並んでいたのですが、ついにこの記録で彼は史上最多の単独トップに立ちました。

パロウは4位でゴールし、13番手スタートだったグレアム・レイホール(Rahal Letterman Lanigan Racing)が5位まで大きく順位を上げてのフィニッシュを達成しました。

佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は12番手スタートから好ダッシュを見せ、序盤は9番手を走行。しかし、1回目のピットストップに入ったタイミングでフルコースコーションが出るという不運に見舞われ、16番手まで後退を余儀なくされました。それでも再びじわじわとポジションをばん回し、最終的にトップ10に復活、9位でテキサスのレース1を終えました。

明日のレースは今日よりも早めの夕方4時15分のスタートで、レース距離は今日の212周より36周多い248周で争われます。スターティンググリッドは、今日のシリーズ第3戦終了時点でのポイントスタンディングとされるため、ポールポジションはディクソンで、その外側はパロウとChip Ganassi RacingとHondaがフロントローからスタートを切ります。


Scott Dixon
Scott Dixon 9
Chip Ganassi Racing
すばらしいレースでした。母国ニュージーランドの若手と最後にバトルになったところもよかったですね。スポンサーの皆さん、チームのスタッフ、Hondaに感謝します。このような勝利を飾ることができてとてもうれしいです。今日は路面のコンディションやトラフィックの処理などが非常に難しいレースでした。そうした条件下で私たちは勝つことができ、大きな喜びを感じています

Takuma Sato
Takuma Sato 30
Rahal Letterman Lanigan Racing
最初のピットストップに入ったところでフルコースコーションが出ました。自分たちはタイヤの摩耗状態などから少し早めにピットインする作戦に出ることとしたので、あれは仕方がなかったと思います。それでもラップダウンに陥ることはなく、レースの中盤からは少しずつポジションをばん回していく戦いができていました。明日のレースは、今日より少しマシンのスピードを上げ、タイヤへの負担も減らせるセッティングにして戦いたいと考えています



投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.