Practice
MotoGP 2022
Round 14

Honda勢はトップ10入りを逃すも、さらに上位を目指す

sm Misano World Circuit Marco Simoncelli

第14戦サンマリノGPは、午前中は雲の多い一日でしたが、午後になって青空が広がる絶好のコンディションとなり、今大会も大接戦の一日となりました。その中でHonda勢は、依然として本来のパフォーマンスを発揮するには至っていませんが、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が11番手で初日を終えました。

Honda勢はトップ10入りを逃すも、さらに上位を目指す

ポル・エスパルガロは、第12戦イギリスGPでは予選19番手、第13戦オーストリアGPでは予選15番手と厳しい結果に終わっています。決勝でも14位、16位と全く不本意なリザルトでしたが、今大会は復活に向けて一歩前進したことを感じさせました。

昨年の大会は、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)に続いて2位でフィニッシュし、Repsol Honda Teamは1、2フィニッシュを達成しました。その戦いの中でポル・エスパルガロのベストタイムは1分32秒577でしたが、初日のフリー走行で1分32秒301をマークして昨年の大会の自己ベストを更新しました。11番手と決して満足のいく順位ではありませんが、土曜日のフリー走行、予選に向けて期待を膨らませる内容でした。

前戦オーストリアGPでHonda勢でただひとりポイントを獲得したアレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)はトップから1秒差に15台という接戦の中で15番手でした。FP1ではトップから1秒差以内につけて14番手、FP2では0.835秒タイムを短縮しましたが、全体的にタイムが向上したことで15番手へと一つポジションを落としました。しかし、1分32秒台でラップを刻み、安定した走りを見せました。

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリを得意とする中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)はFP1、FP2ともに満足のいく走りができませんでした。中高速コーナーでうまくスピードを乗せられず、ブレーキングでもやや苦戦して16番手に終わりました。しかし、FP2では、2台のマシンを異なるセッティングにして方向性を見いだすことに成功、土曜日のフリー走行と予選に期待が膨らみました。

マルク・マルケスの代役として出場のステファン・ブラドル(Repsol Honda Team)は、トップから1.461秒差の21番手でした。FP1、FP2ともに21番手でしたが、セットアップに集中し、FP1からFP2で0.877秒タイムを短縮しました。2日目も引き続きセットアップに集中し、タイム短縮とポジションアップに挑みます。

初日のフリー走行では、Honda勢はトップ10入りすることができませんでしたが、2日目のフリー走行、予選で上位を目指します。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
今日はそれほど悪くありませんでした。タイムアタックに向けてタイヤの選択を少し間違えてしまいましたが、それほど悪くはありませんでした。より安全なオプションでいきましたが、明日に向けていいインフォメーションをたくさん得ることができました。トップ10にかなり接近することができたので、ポジティブなスタートだと思います。今大会もすべてのライダーのタイムが接近しているので、明日はもう少しタイムを縮められるようにしなければなりません。でもこの状況にはポテンシャルがあります

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
今日はかなりいい1日でした。ライディングスタイルもパフォーマンスもかなりよくて、マシンはとてもいいレベルになっていると感じました。これは一番重要なことです。この調子で引き続き仕事に取り組みます。いくつか改善しなければならないこともありますが、リズムにおいては今シーズンで最高の金曜日の一つになりました。明日もこの調子で取り組んでいく必要があります。チームはとてもいい仕事をしています。今日のような仕事を続けられるようにがんばります

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
今日は少し厳しい走行となりました。そのためFP2では少しセットアップの違う2台のマシンにトライしてパフォーマンスを改善することができました。2日目へ向けて重要なデータをいくつか収集することができました。これからマシンのバランスの細かい部分を改善できるようにがんばります。明日のFP3ではいいラップタイムを刻めるようにがんばります。そしてQ2へ向けて準備を進められることを願っています。サンマリノGPの2日目がとても楽しみです

Stefan Bradl
Stefan Bradl 6
Repsol Honda Team
今日はセットアップにかなり取り組むことができました。1日を通してラップタイムを改善することができました。正直かなり普通の金曜日だったと思います。タイヤのインフォメーションを得たり、いくつかのことにトライしたりしました。この方向性で引き続き仕事に取り組み、潜在的なポテンシャルまで距離を縮めていきたいです。まだタイムを縮めることはできます。今週末はコンマ数秒で大きな違いが生まれます



投稿日