Practice
MotoGP 2022
Round 6

中上貴晶5番手、ポル・エスパルガロ7番手。アレックス・マルケス16番手、マルク・マルケスは2度の転倒で19番手。ワイルドカードで出場のブラドルは22位

es Circuito de Jerez - Angel Nieto

ポルトガルGPからの連戦となった第6戦スペインGPのフリー走行は、終日、青空が広がる絶好のコンディションとなり、中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が5番手、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が7番手とまずまずのスタートを切りました。

中上貴晶5番手、ポル・エスパルガロ7番手。アレックス・マルケス16番手、マルク・マルケスは2度の転倒で19番手。ワイルドカードで出場のブラドルは22位

過去2大会、自身のベストリザルトとなる4位でフィニッシュしている中上は、FP1で6番手、FP2では1分37秒581と0.877短縮し5番手へと一つポジションを上げました。昨年11月にヘレスでは2日間の公式テストが行われています。そのデータをしっかり活かした中上は、FP1、FP2ともに快調にラップを重ねました。2日目のフリー走行ではトップ10をキープし、ダイレクトでQ2進出を目指し、予選Q2では、第3戦アルゼンチンGPの10位をしのぐ、今季ベストグリッドを目指します。

ポル・エスパルガロは、FP1で8番手、FP2では1分37秒590と0.931秒タイムを短縮し7番手へと一つポジションを上げました。前戦ポルトガルGPでは、不安定な天候に苦戦し、予選10番手、決勝9位という結果でしたが、連戦となったスペインGPでは、今季2回目の表彰台獲得に気合を入れており、トップから1秒差に16台という接戦の中でまずまずのスタートを切りました。明日のFP3ではトップ10をキープし、予選では今季初フロントロー獲得に挑みます。

前戦ポルトガルGPでベストグリッドの7番手から今季ベストの7位でフィニッシュしたアレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)は、16番手でした。FP1ではトップから0.174秒差の3番手と好調なスタートを切り、午後のFP2では1分37秒027と0.341秒タイムを短縮しましたが、大接戦の中で16番手へとポジションを落としました。FP3ではダイレクトでのQ2進出を目指し、前戦ポルトガルGPの今季ベストの7番グリッドを更新する意気込みです。

マルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、19番手と大きく出遅れました。FP1は11番手。FP2では1分38秒200と0.606秒短縮しましたが、2度の転倒を喫し、それ以上のタイム更新は果たせませんでした。開幕戦カタールGPからマシンのセットアップが完全に決まらず、第2戦インドネシアGPのウォームアップで転倒し、モノが二重に見える状態になり、インドネシアGPと次戦アルゼンチンGPを欠場しました。復帰して今大会が3戦目となりますが、今年はまだ表彰台に立っていません。2日目のフリー走行と予選でのポジション回復が期待されます。

今大会は、テストライダーのステファン・ブラドル(Team HRC)がワイルドカードで出場し、1分38秒322で総合22位。2日目のフリー走行と予選でさらに上位を目指します。


Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
ここまでのところは順調です。FP1とFP2の両方でかなり戦闘的な走りができました。午前中から午後のFP2に向けてコンディションがかなり変わり、マシンのグリップをいくつのコーナーで改善しなければなりませんが、両方のセッションで速さがありました。マシンにはとても自信があります。とてもうれしいです。引き続き一生懸命取り組み、ラップタイムを向上させ、さらに自信を付けたいです

Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
今は、マシンとライディングに集中し、前進することが今週の目標です。今日はベストを尽くすことができました。FP1とFP2でいくつかトライしたことがありましたが、レースウイークではタイムがとてもタイトなので、いいバランスを見つけなければなりません。リズムはかなりいいですが、1周のタイムをもう少し上げたいです。ファビオとの差が0.5秒というのは少し開きすぎています。でもいくつかいい走りができているパートもあるので、いいスタートができて満足しています

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
午前中のFP1は自分たちのウイークポイントを克服するためにいろいろ試し順調でした。午後のFP2は、ユーズドタイヤでは少し苦戦しましたが、最終的にうまくいったので満足しています。セッションの最後に新品タイヤで走りましたが思ったほどタイムを更新できませんでした。明日に向けてどこを改善すべきかは分かっていますし、明確なアイデアもあります。今日の16番手という順位は残念ですが、全体的には気持ちよく走れたと思います 

Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
今日は少しリスクを負っていくつか大きなことにトライしました。午前中のFP1は自分のペースを築き上げていくため、ほぼ同じマシンで走行しました。なぜならコンディションがあまりよくなかったからです。午後のFP2はほかのことにトライしました。フィーリングがいいマシンで残念ながら転倒してしまい、続けられませんでした。トライしていることがあり、またセカンドマシンは大きく変えているところもあり、フィーリングはあまりよくありませんでした。トップとのギャップを縮めなければなりません。月曜日のテストを前に、明日は最大限の走りを取り戻したいと思います

Stefan Bradl
Stefan Bradl 6
Team HRC
レースウイークが始まり、ここまでのところ、かなりいい仕事ができたと思います。ヘレス・サーキットはテストで走っています。よく分かっているので、いいスピードを出すのに少し役立っています。ペースには満足しています。MotoGPはとてもタイトなので、今日のポジションはあまりよくなくても、初日としては、タイムは悪くありません。トップ10までわずか0.5秒です。テストのときと同様に仕事に取り組み続け、HRCのためにいくつかアイテムを評価していきたいと思います



投稿日