Practice
MotoGP 2022
Round 7

ポル・エスパルガロ9番手、マルク・マルケス15番手、中上貴晶16番手、アレックス・マルケス19番手とHonda勢は苦戦のスタート

fr Le Mans

第7戦フランスGPのフリー走行は、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、FP1でトップタイムをマーク。好調なスタートを切ったポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)は、FP2ではイエローフラッグのためにベストタイムを更新するチャンスを何度も逃す不運のセッションとなりました。そのため、思ったほどタイムを短縮できず9番手へとポジションを落としましたが、調子はよく、明日のFP3ではトップ10をキープしてダイレクトでのQ2進出を目指します。

ポル・エスパルガロ9番手、マルク・マルケス15番手、中上貴晶16番手、アレックス・マルケス19番手とHonda勢は苦戦のスタート

マルク・マルケス(Repsol Honda Team)はFP1では13番手。FP2ではわずかにタイムを更新しただけにとどまり、総合15番手へとポジションを落としました。前戦スペインでは、予選5番手から3位争いのグループに加わって今季ベストの4位でフィニッシュしています。

マルク・マルケスは、この数年、肩の手術や右腕上腕を骨折していることもあり、ベストな体調ではありません。前戦スペインGPでも決勝に向けて体力を温存して予選5番手から決勝では3位争いに加わり4位という結果を残しています。この日も、2度にわたり転倒寸前の滑りをリカバリーするなど見せ場を作りましたが、やや苦戦の初日となりました。明日のFP3ではダイレクトでのQ2進出を目指し、ポル・エスパルガロとともに上位を目指します。

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、FP1で11番手でしたが、FP2ではタイムを更新できず16番手へと後退しました。中上は前戦スペインGPで今季ベストの7位でフィニッシュしましたが、レース終了後の翌日に行われた公式テストで転倒を喫し、左ヒザを痛めました。今大会の出場も危ぶまれましたが、痛みを堪えての熱走で16番手。2日目のFP3ではダイレクトでのQ2進出を目指します。

アレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)は、FP1で19番手。FP2ではわずかにタイムを更新しましたが、総合19番手でした。タイムを更新しようとしたFP2では、ソフトタイヤを装着してアタックしているときに転倒したことで、期待したようなタイム短縮を果たせませんでした。しかし、今日のデータをしっかり分析し、FP3と予選に挑みます。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
午前中のFP1はすべて順調でした。午後のFP2はラップタイムを更新しようと努力しましたが、イエローフラッグがたくさん出ていたため、その都度、減速しなければなりませんでした。そのあとはアタックしているときにミスもありました。マシンのフィーリングはよいので、明日はいい予選ポジションで終えられるように、いいパフォーマンスをしなければなりません。日曜日のレースでは前の2列からスタートしたいです。いいペースはありますが、まずは、明日のFP3と予選をうまくまとめなければなりません 

Marc Marquez
Marc Marquez 93
Repsol Honda Team
FP2は本当にうまくセーブできたと思います。FP1は正直、運がよかったと思います。FP1は縁石に乗ってしまい、フロントから流れてしまったので、右ヒザで地面をプッシュしたら、アスファルトに戻ったときマシンが立ち上がりました。今回は速くなるために少し苦戦しています。もっと素早いコーナリングが必要です。明日は前進して、Q2へ進めるようにFP3でトップ10に入ることが目標です。すでにいくつかアイディアがあるので明日が楽しみです 

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
IDEMITSU Honda LCR
まずまずの一日でした。FP1が始まる前はマシンに乗って走行できるとは思っていなかったので、今日の結果はとてもうれしいです。午後のFP2では少し問題があったので、思っていたほど周回できませんでした。でも全体的に満足しています。いいレベルの走りができました。明日のFP3で何ができるか考えていきたいと思います。マシンのフィーリングをよくしていきたいと思いますし、ヒザの調子を引き続き見ていかなければなりません 

Alex Marquez
Alex Marquez 73
LCR Honda CASTROL
午前中はいい感じでスタートすることができました。しかし、何度かミスをしてしまい、1周をまとめることができませんでした。午後はリズムもよくなり、着実にメニューを消化して調子もよくなりました。しかし、ニュータイヤを履いたときに7コーナーでミスをして転倒してしまいました。その時点でソフトタイヤを履いていたので、それ以上のタイムアップは望めませんでした。しかし、フィーリングはとてもよいので、明日のFP3で結果につなげたいです。明日はライディングに集中して、ライン取りも見直し、ミスを少なくしたいです 



投稿日