Qualifying
MotoGP 2022
Round 4

Honda勢苦戦の一日。マルク・マルケス9番手、中上貴晶10番手、ポル・エスパルガロ12番手と中団グリッドから決勝に挑む

us Circuit Of The Americas

第4戦アメリカズGPの予選、Honda勢は今大会から復帰のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が9番手、中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)10番手、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)12番手、アレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)23番手。ドゥカティ勢に上位5番手までを独占され、厳しいグリッドからの決勝となりました。

Honda勢苦戦の一日。マルク・マルケス9番手、中上貴晶10番手、ポル・エスパルガロ12番手と中団グリッドから決勝に挑む

連日、好天に恵まれたサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)ですが、土曜日のフリー走行と予選は、気温が上がり、さらに、午後にかけて強い風が吹く難しいコンディションとなりました。その中でライバルのドゥカティ勢が躍進。Honda勢もフリー走行では2分2秒台の好タイムをマークしましたが、予選ではタイムを伸ばせず、ポジションを落としました。

今大会が復帰戦となったマルク・マルケスは、FP3では着実にタイムを更新して2分2秒490のベストタイムで総合4番手。予選ではフロントローとポールポジション(PP)が期待されましたが、予選Q2では、2分3秒038がベストタイムとなり9番手へとダウンしました。マルク・マルケスは、最後のアタックでミスをしてタイム更新を果たせませんでした。しかし、COTAでは圧倒的な強さを発揮してきただけに、決勝では3列目からの追い上げが期待されます。

初日17番手と出遅れた中上貴晶は、FP3で2分2秒908までタイムを短縮して総合9番手に浮上。ダイレクトでQ2進出を果たし10番グリッドを獲得しました。初日はフロントのフィーリングに苦しみました。この日も完全ではありませんでしたが、決勝日朝のウォームアップでさらにセットアップを進め、決勝に挑みます。

初日、体調を崩し12番手だったポル・エスパルガロは、2日目のフリー走行で2分2秒798までタイムを上げて総合7番手に浮上。ダイレクトでQ2進出を果たしました。そして迎えた予選では、トラックリミットでタイムがキャンセルになるなど不運が続き、再び、12番手へと後退しましたが、「走りの内容は2列目以内」と語り、マルク・マルケスとともに追い上げのレースが期待されます。

初日16番手のアレックス・マルケスは、FP3でタイムを更新できず18番手に後退。そして迎えた予選Q1では1本目の新品タイヤのアタックで転倒を喫し、初日にマークした2分3秒795を更新できず23番グリッドとなりました。アレックス・マルケスは、ほぼ最後尾からのスタートになりますが、決勝レースに強いアレックス・マルケスの追い上げに期待されます。


Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
昨日から一歩一歩、そして着実に自信を取り戻しています。今日はフィーリングもライディングもよかったのですが、予選では、何度かミスが続き、最後のアタックもミスをしてタイムを更新することができませんでした。それでも9番グリッドを獲得することができたのでよかったです。今日はマシンのセットアップも進み、いい方向にいきました。明日の目標はいい形でレースを終えることです。9番手からスタートするのは簡単ではありませんが、いろいろなことが起こりうる長くて厳しいレースになると思うので、最後までしっかり走りたいです

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
FP3では、昨日より一歩前進しました。かなりいいラップタイムをマークすることができて、ダイレクトでQ2に進出しました。午後の予選Q2ではさらにタイムを短縮しようと全力を尽くしましたが、わずかに届きませんでした。しかし、現状でのベストは尽くせたと思います。明日の決勝に向けて10番グリッド、4列目からのスタートはそれほど悪くないので、いいスタートを切って一つでもポジションをあげたいです。昨年の大会は転倒再スタートして17位という結果でした。今年はその雪辱を果たしたいです

Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
今日は体調もよく、胃の痛みもなくなり、パワーも向上しました。しかし、今日の予選の最大の失敗は、トラックリミットのグリーンゾーンに触れてしまったことです。もう一つは、アタックのタイミングを少し間違えてしまいましたが、FP3と同じように、トップ6には入れるポテンシャルがあったと思います。今日は自分のライディングでもいくつかミスを犯してしまいました。幸い、今年はスタートがいいので不安はありません。ここの1コーナーはいつもトリッキーなので、オープニングラップに何が起こるか見てみようと思います。明日の決勝に向けて体調を回復させるために今日もしっかり休養したいです

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
午前中はいくつか改善することができましたが、フィーリングを取り戻すことができませんでした。しかし、FP4では本当にいいステップを刻めたと思うし、いいフィーリングが再び戻ってきました。予選ではベストを尽くしましたが、1本目のアタックで転倒してしまいました。フロントのフィーリングが完全ではなく、自分のライディングスタイルでは対応できませんでした。明日の決勝では、もう一度自信を取り戻したいです。明日は1周目から最終ラップまでベストを尽くします



投稿日