IA 決勝
JTR 2021
Round 2

村田慎示、本多元治、小野貴史のHonda勢がトップ3を独占

jp ツインリンクもてぎ

開幕戦、九州大会で2位となった村田慎示(HRCクラブMITANI)が優勝、2位には本多元治(Fine Motorschool)、さらに3位に小野貴史(ATJRacing&HRCクラブクルーズ)と、上位3位をHondaが独占するうれしい結果となりました。

村田慎示、本多元治、小野貴史のHonda勢がトップ3を独占

本多と小野は開幕戦を欠場していたため、今回が今シーズン初の大会出場となります。スタート順は前回までのランキングを基にするため、この両名のスタート順は早く、ライバルの走りを参考にすることができないというハンディーを負っての戦いでした。しかし、さすがのベテラン勢はしっかり上位に入ってきました。

村田はそんなライバルをも確実に引き離して、2位に6点差で勝利。今回の勝利で、ランキングテーブルでもトップに躍り出ました。


決勝リザルト

Pos. Num. ライダー マシン 総減点 クリーン数
1 1 村田慎示 Honda 41 5
2 3 本多元治 Honda 47 6
3 2 小野貴史 Honda 53 5
4 10 磯谷郁 ベータ 54 3
5 21 森岡慎哉 Honda 66 3
6 15 山崎頌太 ベータ 67 3

IA ポイントランキング

Pos. Num. ライダー マシン 総合ポイント
1 1 村田慎示 Honda 45
2 10 磯谷郁 ベータ 38
3 3 本多元治 Honda 20
4 17 小谷徹 GASGAS 17
5 2 小野貴史 Honda 16
6 30 徳丸新伍 Honda 16
11 21 森岡慎哉 Honda 11
17 35 橋本隆之 Honda 6
18 11 塩月匠 Honda 4


投稿日