ST600 決勝
ST600 2021
Round 6

埜口遥希が今季2勝目を獲得

jp 岡山国際サーキット

予選結果によりポールポジションは阿部恵斗(ヤマハ)。2番手に鈴木光来(MOTO BUM HONDA)、4番手に小山知良(日本郵便 Honda Dream TP)、5番手に埜口遥希(MuSASHi RT HARC-PRO.)、6番手に國峰啄磨(TOHO Racing)となりました。荒川晃大(MOTO BUM HONDA)は14番手からのスタートとなりました。

埜口遥希が今季2勝目を獲得

長尾健吾(ヤマハ)が好スタートを切り、鈴木、埜口が追う展開となります。この3台がわずかに抜け出してトップグループを形成します。その後方に、2周目に4番手に浮上した國峰が、8台からなる集団を引っ張ります。3周目には埜口が鈴木を捉えて2番手に浮上します。

4番手の集団から抜けた阿部が鈴木の背後に迫り、3番手争いを繰り広げます。5番手以降は井手翔太(ヤマハ)、芳賀涼大(ヤマハ)、松岡玲(ヤマハ)、國峰、横山尚太(ヤマハ)、荒川、菅原陸(ヤマハ)が続きます。10周目に阿部が3番手に浮上し、鈴木が追う展開となります。また、荒川は8番手に急浮上し松岡に迫ります。

トップ争いは長尾、埜口の一騎打ちとなり、その差は11周目には0.126差と迫ります。3番手争いは阿部、鈴木、追いついた井手の争いとなり、井手が前に出て、鈴木が5番手となります。6番手の芳賀の背後に荒川、松岡が迫ります。15周目の1コーナーで埜口が首位に立ちますが、長尾も離れずに接近戦が続きます。2番手の阿部に井手が迫り、鈴木の背後では荒川が芳賀を捉えて迫ります。

埜口は19周のレースを走り切り、今季2勝目を飾りました。2位に長尾、3位に阿部が入って表彰台。鈴木は5位。荒川は6位まで追い上げ、最終ラップでは鈴木に迫りました。11位に國峰、15位にジャンプスタートのペナルティーでライドスルーペナルティーを受けた小山となりました。


埜口 遥希
埜口 遥希 14
MuSASHi RT HARC-PRO.
決勝朝のウォームアップランをユーズドタイヤで走行して、ペースがよかったので自信を持って決勝に挑むことができました。混戦になると思っていたので、最後まで粘って勝負を賭けるのがいいと考えていたのですが、長尾選手のペースがよく、すぐに、追い付きたかったのですが、ペースアップして転倒は避けたかったので冷静に追い上げました。長尾選手のタイヤのライフが厳しくなるタイミングを待って仕掛けようと考えていました。作戦通りに勝つことができてよかったです。今回は、スタッフに相談して新しいセットアップで、そこに、新たに投入したものもあり、前半戦で苦しんでいたネガティブな部分をなくすことができました。前に出ても抜かれずに走り切れたことで成長を感じることができたことがうれしいです。チームと共に勝ち取った優勝だと思います。タイトルの可能性も大きくすることができました。もちろん、チャンピオンになりたいですが、優勝してシーズンを終わりたい気持ちの方が強いです

鈴木 光来
鈴木 光来 15
MOTO BUM HONDA
事前テストから調子がよく、ペースをつかむことができて予選では2番手となりました。優勝を目指していたので、5位という結果は悔しさしかありません。トップ争いについていくのにシケインで離れてしまうので、そこでがんばっているうちにタイヤを酷使してしまい、後半がきつくなってしまいました。タイヤマネージメントの重要性を感じたレースになりました。それを課題として最終戦に挑みます。しっかりと優勝を狙っていきます

荒川 晃大
荒川 晃大 5
MOTO BUM HONDA
新設されたシケインをうまくクリアできずに、事前テストから苦戦していて、そこでリズムが取れずに予選タイムを上げることができませんでした。14番手、5列目からのスタートは厳しいと思っていたのですが、決勝朝のウォームアップランで、シケイン攻略を克服できたので決勝も追い上げていけば上位に絡むことができると思いました。しかし、スタート直後は、そのシケインが大渋滞で、前に出るために、一人ひとり抜いていくことに時間がかかり、トップ集団を追いかけることができませんでした。トップと変わらないタイムを記録しているので、自信を持って、予選からしっかりタイムアップして最終戦には挑みたいです。昨年のオートポリスはポールポジションだったので、連続で獲得できるようにします。そして、勝ちたいです



投稿日