ST1000 決勝
ST1000 2021
Round 5

渡辺一馬が今シーズン2勝目。ランキングトップに躍り出る

jp 鈴鹿サーキット

高橋裕紀(日本郵便 HondaDream TP)が、世界耐久選手権参戦のため全日本を欠場、変わって伊藤和輝が代役参戦を続けます。予選は2番手に渡辺一馬(ASTEMO Honda Dream SI Racing)が付けフロントローに並びます。5番手作本輝介(ASTEMO Honda Dream SI Racing)。6番手に伊藤和輝、10番手に榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)となりました。

渡辺一馬が今シーズン2勝目。ランキングトップに躍り出る

作本がトップに出てレースをリードします。作本、岡本裕生(ヤマハ)、渥美心(BMW)、渡辺、津田拓也(スズキ)、南本宗一郎(ヤマハ)、榎戸が続きます。2周目には、作本、岡本、渥美とオーダーが変化、渡辺、津田、南本、榎戸、伊藤和樹、伊藤勇樹(ヤマハ)が続きます。作本の背後に2番手に上がった渥美が迫ります。作本、渥美のトップ争いの後方では、4周目に渡辺が3番手に上がります。5周目のシケインで渥美が前に出ますが、6周目の1コーナーで作本が首位を奪います。そのトップ争いの背後に渡辺、岡本が迫り、トップ争いは4台と膨れ上がります。渡辺が渥美を捉えて最終シケインに入りますが、その攻防で渥美、岡本が前に出て渡辺は4番手に順位を落とし8周目に入ります。激しいトップ争いは、デグナーで作本のインに飛び込んだ渥美が作本を巻き込んでともに転倒し、変わってトップに出たのが渡辺。それを岡本が捉えるも、すぐに、1コーナーで渡辺が岡本をパス。渡辺を岡本、南本、伊藤勇樹が追いトップ争いとなります、渡辺は首位を守り最終ラップに突入し、逃げきり優勝を果たしました。2位に岡本が入りましたが、レース後に失格となり、岡本以降の順位が繰り上がり、4位に伊藤和輝、6位に榎戸が入りました。


渡辺 一馬
渡辺 一馬 37
Astemo Honda Dream SI Racing
前戦の筑波のレースでトラブルからリタイアという結果になり、とても悔しい思いをしました。そして、自分以上にチーム全員が悔しい思いをしていました。その思いを晴らすために、チームがマシンを仕上げてくれて、僕自身はトレーニングをこなし、100%のパフォーマンスを示そうと思っていました。その気持ちを示し勝つことができて満足です。チームに感謝しています

作本 輝介
作本 輝介 3
Astemo Honda Dream SI Racing
渥美選手と監督が、レース後に謝りに来てくれました。だれにでも起こり得るレーシングアクシデントだと思うしかありません。とても残念で悔しい気持ちもありますが、もっと、独走することができていたら、接触は起きなかったので、もっと、速く強くなることが必要です。これまでに比べて、レースウイークの組み立てが改善されて、タイムアップできるようになって来ましたが、まだまだだと感じています。詰め切れていない部分があると感じているので、トップを走ることができましたが、内容的には納得できていません。次の岡山国際サーキットでは、事前テストからしっかりと煮詰めて、レースウイークに入れるようにしたいと思っています。優勝するということだけでなく、その先を見て、努力します



投稿日