Qualifying
F1 2024
Round 12

イギリスGPでフェルスタッペンが予選4番手、角田は13番手に

gb Silverstone

7月6日(土)、第12戦イギリスGPの予選がシルバーストーン・サーキットで行われ、HondaがTeam PartnerとしてサポートしているOracle Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが4番手、Visa Cash App RB Formula One Teamの角田裕毅は13番手につけました。

イギリスGPでフェルスタッペンが予選4番手、角田は13番手に

Visa Cash App RB Formula One Teamのダニエル・リカルドは15番手、Oracle Red Bull Racingのセルジオ・ペレスは19番手となりました。


Max Verstappen
Max Verstappen 1
Oracle Red Bull Racing
よくもあり悪くもあった一日でした。第7コーナーを抜けた時に雨が降り出し、減速しようとしましたがコントロールを失いそうになり、衝突を避けることに必死でした。グラベルに入ってしまったことで、フロアに大きなダメージを負ってしまいました。チームはいくつかのパーツと全体のバランスをできる限り修復するすばらしい仕事をしてくれましたが、このダメージが予選に大きく影響してしまいました。予選Q3まで進めたことはラッキーでした。全力を尽くした結果、予選を4番手で終えられたことはポジティブな意味で驚きました。決勝に向けて、まず新しいフロアを準備しなくてはなりません。マクラーレン、メルセデス勢はこの週末どのセッションでもとても速いので、私たちももう少しアタックして順位を上げていきたいと思います。明日は天候がどうなるか分かりませんが、クリーンなマシンが用意できれば十分に戦えるはずです

Yuki Tsunoda
Yuki Tsunoda 22
Visa Cash App RB Formula One Team
今日は臨機応変に戦うことができて満足しています。チームとコミュニケーションを取り、予選中の天候の変化にも対応することができました。フリー走行でペースが足りないと感じていたので、厳しい予選になると予想しました。予選に向けた改善が思ったようにできず悔しいですが、僅差の戦いなので、決勝では可能性はあると思います。先週のオーストリアGP同様、このサーキットでも高速コーナーでのペースに悩まされていますが、明日はパフォーマンスを発揮できるよう最善を尽くします。ウエットコンディションでのペースはよかったので、チームとコミュニケーションをしっかり取り、天候に合わせて対応することが重要となりそうです

Daniel Ricciardo
Daniel Ricciardo 3
Visa Cash App RB Formula One Team
今日の予選には満足できていません。よいセッションではなかったですし、これは解決しなくてはならないことです。予選Q2でのラップはどちらも納得がいくものではありませんでした。タイムを上げるのに苦労していて、私がほかのドライバーからされるととても嫌なことではありますが、最終コーナーでオーバーテイクをしなければなりませんでした。最後のプッシュラップを周冠宇選手(キック・ザウバー)の数秒後ろから始めましたが、空気の流れが悪い中で走ることになり、よいラップにはなりませんでした。過去3戦は決して楽なレースウイークではありませんでしたが、常に解決策を見つけてきました。シルバーストーンでも同じような状況となり、ミスをする余裕がないことも、フラストレーションの原因になっていると思います。今日のブリーフィングで必要なことに対処し、明日の決勝に向けて準備を進めます

Sergio Perez
Sergio Perez 11
Oracle Red Bull Racing
ミスをしてしまいとても残念です。スリックタイヤに替えたマシンに多くのミスが見られましたが、残念なことに私たちのチームが一番大きな影響を受けてしまいました。タイヤを温めようとしていたところ、第9コーナーの進入でタイヤがロックし、そのままコースを飛び出してしまいました。マシンを止めようとしましたが、水たまりがあったためリアのコントロールを失い、グラベルにはまってしまいました。これまでよい週末を送っていただけに、このようなかたちでチームの期待を裏切ってしまい、とても申し訳なく思っています。昨日から今朝までよいリズムとペースで走れていたので、それを予選で発揮することができず残念です。後方から追い上げるのは大変ですが、まずはダメージをできる限り修復し、明日なにができるかを考えたいと思います



投稿日