Qualifying
WTCR 2021
Round 5

予選戦略が奏功し、グエリエリ、ジロラミとも好位置からのスタートを手にする

cz Autodrom Most

FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)の第5戦がチェコ・モストで開幕。金曜日に開催された予選ではALL-INKL.COM Münnich Motorsportのエステバン・グエリエリとネストール・ジロラミが好グリッドを獲得しました。

予選戦略が奏功し、グエリエリ、ジロラミとも好位置からのスタートを手にする

Q1では、グエリエリがトップタイムをマーク。ジロラミも4番手と上位につけて次のラウンドへ。上位5台のみが突破できるQ2では、2度目のアタックでグエリエリは4番手タイムをマークしてQ3進出を果たします。一方のジロラミは、2度目のアタックをあえて行わず、9番手となってQ2を終えます。



Q3でもグエリエリは好ペースを見せ、フロントローに100分の5秒差の4番手。Q1で他車の走行を妨害したとして、レース1で2グリッド降格となるペナルティーを受けたものの、7ポイントを獲得しました。ジロラミはQ2で9番手となったことで、上位10台がリバースグリッドでスタートするレース1では、フロントローの2番グリッドとなりました。



ALL-INKL.DE Münnich Motorsportのアッティラ・タッシとティアゴ・モンテイロにとっては、不運な展開となり、両ドライバーともに混戦となったQ1で敗退を喫しました。

モンテイロは、FP2終了後、アップシフトににギアボックスを交換。予選でも問題が完全には解決せず、通過ラインの12番手から0.075秒差の16番手となりました。

タッシは1度目のアタックで自己ベストペースだったものの、赤旗中断でアタックが阻まれ、モンテイロに続く17番手で予選を終えました。

今大会は、二輪の世界耐久選手権(EWC)と併催されており、土曜日はWTCRの走行がありません。決勝の2レースは、日曜日に開催されます。


Esteban Guerrieri
Esteban Guerrieri 86
ALL-INKL.COM Münnich Motorsport
今日はとてもいい一日でした。マシンを向上させることができましたし、このコースでの長所と短所が分かっていたので、FP1では少し問題があったものの、ドライビング、マシン、ブレーキングなど全体を改善することができました。FP2では限界まで攻めて、新品タイヤでのアタックではコースオフを喫しましたが、限界がどこにあるかを探ることが重要で、それはできたと思います。今日はドライビングを心から楽めたので、最大限の力を発揮して7ポイントが獲得できたことはうれしいです。いいマシンに仕上げてくれたチームには感謝しています。明日はリラックスして、EWCのHondaチームを応援し、日曜はまた全力で攻めていきます

Néstor Girolami
Néstor Girolami 29
ALL-INKL.COM Münnich Motorsport
最大のウエイトを科されていることを考えると、今日は成功を収められたと言えます。60㎏を背負っているのでポールポジションは期待していませんでしたが、トップ10入りを目指して取り組みました。予選でエステバンと戦略を分けて、彼がQ3へ進んでポイントを獲得し、もう一方がリバースグリッドでの上位スタートを目指したことはいい考えでした。僅差になると難しい戦略ではありますが、奏功しました。2度目のアタックで、Q3には進出できる手ごたえがありましたが、ポールポジションに届くペースはなかったので、留まったことでレース1のフロントローが手に入りました。チャンピオンシップを考え、なるべく多くのポイント獲得を目指します。Q1でもポイントを獲得できたので、チームと自分自身の仕事ぶりに満足しています

Tiago Monteiro
Tiago Monteiro 18
ALL-INKL.DE Münnich Motorsport
今日はタフな一日でした。コースを理解し、いいセットアップを探ろうとしましたが、なかなか上手くいかず、各セッションで苦戦しましたし、FP2ではギアボックスに問題があってアップシフトができなくなりました。ギアボックスを交換して予選では問題が解決すると思いましたが、残念ながら完全にはよくなりませんでした。さらに、これによってセットアップ変更を完了する時間がなくなったのも不運でした。マシンは悪くなかったのですが、かなり僅差の戦いで、トップ12に入るためにあと0.1~2秒はタイムを上げられたはずなのですが、ギアのアップダウンでタイムをロスしてしまいました。マシンは改善したものの、まだ100%希望通りにはなっていないのですが、重要なのは日曜日です。挽回していい結果を残せればと思います

Attila Tassi
Attila Tassi 9
ALL-INKL.DE Münnich Motorsport
ものすごくがっかりしています。Q1は楽に突破できるはずでした。赤旗のタイミングが悪く、突破のチャンスは1回のみとなってしまいましたが、そのラップが上手くいかず、小さなミスでタイムをロスしてしまいました。また、無線で聞いた順位が間違っていて、5番手と言われていましたが、タイム計測にミスがあり、僕はラップを完了していなかったので、タイムが取り消されたと伝えられました。誰の責任でもありませんが、コーナリング中にそれを聞かされるのはいいことではありません。その後、セッションが終わるまでに2度目のアタックをしようとしましたが、同じ速さでは走れず、1度目のタイムがベストラップになってしまいました



投稿日