Trial Des Nations
Trial 2021

トニー・ボウ、スペイン代表チームとして2021年のトライアル・デ・ナシオンで勝利

pt Gouveia

世界選手権で15回目のタイトルを獲得したばかりのRepsol Honda Teamのエース、トニー・ボウですが、すぐ翌日に開催されたトライアル・デ・ナシオンにも出場しました。

トニー・ボウ、スペイン代表チームとして2021年のトライアル・デ・ナシオンで勝利

トライアル・デ・ナシオンは男女とも3名ずつが各国代表としてチームを組み、国ごとに勝敗を競います。現在の規則では、各セクションで減点の少ない代表選手2人のスコアをその国のスコアとして計算していきます。3人ともクリーンならもちろん減点はゼロ、仮に一人が5点になっても、他の2人がクリーンなら、国のスコアは0点です。3人とも5点なら、国のスコアは10点。いつもは個人対個人で戦うトライアルですが、ここではチームの減点が少なくなるよう、走り方を相談したり減点の取り方を組み立てながら試合を進めていきます。

トライアル・デ・ナシオンのクラスは3クラス、トニー・ボウのスペインなどが世界選手権として、もう少しやさしいセクションでの戦いがインターナショナルクラス、そしてもう一つ、女子部門があります。参加チームは、全部で24チームでした。トニー・ボウは、アダム・ラガとハイメ・ブストとチームを組んで戦います。

ラガ、そしてブストは、個人戦でのボウの最大のライバルにして、世界ランキングが2位と3位の選手です。ライダーの実績を見ただけで、スペインチームの圧倒ぶりが分かります。そのとおり、スペインチームは減点をすることなく、試合を進めていきます。3人とも、細かいミスはするのですが、1人がミスをしている限りは、点数には影響ありません。唯一、チームの減点となったのが、終盤戦の第13セクション。ここでスペインは1点を失いました。しかし減点はこれだけで、2位に入ったフランスは減点36、イタリアは減点43となり、スペインの圧勝でした。

トライアル・デ・ナシオンは1984年から、昨年の2020年をのぞいて、毎年開催されています。うち、スペインチームは27回の勝利をおさめています。27回のうち、ボウがスペイン代表としてチーム入りをしたのは、16回に上ります。


Toni Bou
Toni Bou 1
Repsol Honda Team
昨年は、COVID-19のパンデミックの影響で、トライアル・デ・ナシオンは開催されませんでした。2年ぶりのデ・ナシオンということですから、特別な感情がありました。「シーズンの終わりにはデ・ナシオン」という感覚がしみついているので、この大会に戻ってこれて、まずはうれしく思います。

セクションは、我々にとってはとても簡単で、リラックスしてトライアルを楽しむことができました。いつもの世界選手権で優勝をかけて走るときのような精神的ストレスはありません。つい前日に、そういう戦いを繰り広げてきたばかりですから、この平和なトライアルの開催が、ことさらに楽しいものに思えてきます。

いつものライバル、ラガとブスト、そして私は、3人ですばらしい時間を過ごすことができました。私たちはほとんど減点することなく、15セクション2ラップを1点でまとめることができました。

スペインのモーターサイクル協会が、代表選手に私を選んでくれたことに感謝し、そしてまた、個人戦とは別の世界タイトルを獲得できたことも、とてもうれしく思います


Pos.

Country

Rider

1

SPAIN

Toni Bou

Adam Raga

Jaime Busto

2

FRANCE

Benoit Bincaz

Alexandre Ferrer

Teo Colairo

3

ITALY

Matteo Grattarola

Gianluca Tournour

Lorenzo Gandola

4

GREAT BRITAIN

Billy Green

Jack Peace

Toby Martyn


投稿日