Day 2
TrialGP 2024
Round 4

ボウがドイツ大会で2連勝。マルセリは3位表彰台

de Neunkirchen

7月7日(日)、トライアル世界選手権(TrialGP)第4戦の2日目がドイツ・ノインキルヒェンで行われ、Repsol Honda Teamのエース、トニー・ボウが今シーズン7勝目を挙げました。チームメートのガブリエル・マルセリは3位で表彰台を獲得しました。

ボウがドイツ大会で2連勝。マルセリは3位表彰台

ボウは前日に続く勝利でドイツ大会を制覇し、総合ランキングのポイントリードをさらに拡大。マルセリはトップ争いに加わり、見事な戦いぶりをみせました。

ボウは接戦の中でも、スタートからゴールまで圧倒的な強さをみせました。1ラップ目はただ一人序盤から4連続クリーンを叩き出して、早くもリードを奪います。1ラップ目のボウの減点は9点で、ライバルのハイメ・ブスト(ガスガス)を2点差でリード。2ラップ目のボウのトライはさらに完ぺきでした。全員が減点5点を取った第11セクションを除くすべてのセクションをクリーンで抜けて、ラップを通じた減点はたったの5点。2位に11点差で勝利しました。ボウはこれで今シーズン7勝目、ノインキルヒェンでは無傷の4連勝となりました。

マルセリは土曜日を不本意な結果で終えてしまいましたが、この週末にいい結果を残すため、すべてのパフォーマンスを改善して日曜日の試合に臨みました。1ラップ目はマテオ・グラタローラ(ベータ)と3番手を争い、1点差の4番手につけました。2ラップ目、マルセリはミスを減らして好スコアをマークし、グラタローラを引き離して表彰台を獲得。3位はマルセリのノインキルヒェンでの最高位で、今シーズン6回目の表彰台獲得となりました。

Repsol Honda Teamのライダー2人は、総合ランキングのトップ2を堅持しています。ボウは157ポイントで、2位のマルセリに39ポイントの大差をつけています。

次戦は、7月13日(土)と14日(日)にベルギーのコンブラン・オ・ポンで行われます。


HRC公式Instagramで最新情報をチェック!
https://www.instagram.com/hondaracingcorporation/


Toni Bou
Toni Bou 1
Repsol Honda Team
勝利できたことと、今週末の我々のパフォーマンスにとても満足しています。2ラップ目、第11セクションでの失敗は残念でしたが、ほぼ完ぺきといっていいでしょう。マシンのフィーリングを取り戻して、とても気分よくドイツ大会を走ることができました。 今日は2ラップとも非常に安定していて、ミスはほとんどありませんでした。最高の結果と、チーム全員の仕事に満足しています。今回得たポイントは、総合ランキング争いにとっても大きな前進となりました。新たなタイトル獲得に向けて、大きなリードを築けています。すでに私たちは、次のベルギー大会に向けて集中しています

Gabriel Marcelli
Gabriel Marcelli 38
Repsol Honda Team
今日はマシンのフィーリングがとてもよくなって、その成果がきちんと出せたと思います。特に2ラップ目はさらにスコアを改善できました。1ラップ目にはミスもありましたが、2ラップ目はほとんどミスもなく、より安全に、安定して走ることができました。土曜日は表彰台を逃してしまいましたが、今日は上がることができてとてもうれしいです。そして、総合ランキング争いにとっても非常に重要なポイントを獲得できました。今回感じられたいい感触を再び味わえることを楽しみに、高いモチベーションを持ってベルギーに向かいます

Takahisa Fujinami
Takahisa Fujinami
Repsol Honda Team
ボウ選手は前戦イタリア大会では体調不良に悩まされましたが、今回は再び100%の力を発揮できていました。ブスト選手は2日間を通じて僅差でプレッシャーをかけてきましたが、最終的には明らかな差を作り出すことができました。シーズン中盤にして、ボウ選手のタイトル獲得が見えてきましたから、その点でも今回の勝利はうれしいものになりました。
 マルセリ選手は昨日と同様、やや苦しみながら1ラップ目をスタートさせていました。それでも2ラップ目に状況を改善させて、いいパフォーマンスを示してくれました。今日の表彰台獲得はとても重要です。総合順位では、ブスト選手が順位を上げてポイント差を縮めてきているので、注視し続けなければいけません。今はベルギーで1-2フィニッシュをするために、ミスを研究して改善する時です



投稿日