Day 1
Trial 2022
Round 1

2022年トライアルGP開幕戦でトニー・ボウが2位表彰台獲得

es L’Hospitalet de l’Infant

2022年トライアル世界選手権アウトドアシリーズ、トライアルGPが開幕しました。開幕戦はスペイン。タラゴナのホスピタレット・デ・リンファントでの開催です。

2022年トライアルGP開幕戦でトニー・ボウが2位表彰台獲得

Repsol Honda Teamのトニー・ボウは、このスペイン大会の初日、土曜日の大会を2位で終えました。ボウのチームメートであるガブリエル・マルセリは6位となりました。

開幕戦には、暑く、難度の高いセクション群が待ち受けていました。チームのライダー2人は、この厳しいコンディションに苦しみました。

15年連続世界チャンピオンのトニー・ボウは、この激しい戦いの末、これから続くタイトル防衛のためのランキング争いを、2位のポジションから始めることになりました。1ラップ目、ボウの持てるパフォーマンスは、その暑さとハードさゆえに、本領を発揮できずにいました。2ラップ目、ボウはいくつかの修正を行いました。その結果、1ラップ目に喫したいくつかの失敗を克服して、2位までポジションを復活させたのでした。

ガブリエル・マルセリは、これがRepsol Honda TeamでのトライアルGPデビュー戦となりました。最終的成績は6位ですが、これは決して簡単に獲得した順位ではありません。1ラップ目のマルセリは、いくつかのミスと7点ものタイムオーバー減点を喫して、上位への進出を難しいものにしてしまいました。それにもかかわらず、マルセリは2ラップ目にポジションをばん回して、6位を得たのです。

次の戦いはすぐ翌日、日曜日に開催です。最初のスタートは午前9時、ボウとマルセリのスタートは、11時ごろとなります。


Toni Bou
Toni Bou 1
Repsol Honda Team
タイトル防衛に向けて、チャンピオンシップを優勝で始めるのがすばらしいのはもちろんですが、2位は悪い結果ではありません。今回、私の滑り出しはかなりひどいものでした。しかしそこからばん回して2位を得ることができました。本当に厳しいトライアルでしたし、たいへん暑かったですし、セクションは難しいものでした。ミスを引き起こしやすい設定でもありました。そして私は、たくさんのミスを犯してしまいました。コンディションも完ぺきではありませんでした。とにもかくにも、難しい一日だったのです。今日の2位は、タイトル争いの始まりとしては、悪くない、よい結果だったと思います。今日のライバルはとても手ごわくて、接戦を余儀なくされました。明日はもっと強く、よりよい一日となるようがんばります。今日は多くのミスをばん回しようとするのに必死で、とても疲れてしまいました。明日までしっかり休養します

Gabriel Marcelli
Gabriel Marcelli 38
Repsol Honda Team
1ラップ目、私はいいスタートを切ることができませんでした。もっとパワフルに、もっとエネルギッシュにトライする必要がありましたが、それができませんでした。時間的にも、ライバルに追い抜かれて、多くのタイムペナルティーを受けることになってしまいました。タイムペナルティーはほぼすべてのライダーに課せられていましたが、私の場合は特に多くのペナルティーがあって、それが私には手痛いハンディキャップとなってしまいました。緊張はせずに走れたと思っていますが、いくつかのミスをしたのも事実です。おそらく、私の持てるもの以上のものが要求されたのだと思います。2ラップ目は、少し回復することができましたが、もっとしっかりばん回しなければいけませんでした。6位の結果は十分なものではありません。明日はもっとパワーを、そして失敗を修正する必要があります。特にタイムペナルティーは避けなければいけません

Takahisa Fujinami
Takahisa Fujinami
Repsol Honda Team
今日のようなハイレベルの戦いでは、失敗を許してもらえる状況はありません。トニー・ボウは最初のセクションでミスを犯しました。それが一日を通じて彼に重くのしかかってきて、波に逆らって進むような苦戦を強いることになりました。それ以降、彼はリスクをおかしても、自分の可能性を最大限に発揮して戦況をばん回しようとしたのですが、第6と第8では、さらに高いリスクでのハイリターンを求めて、その結果またペナルティーを受け取ることになってしまいました。2ラップ目は1ラップ目よりはるかにうまく乗れていて、ポジションもかなり復活させていたのですが、第8で再び大失敗があって、ハイメ・ブストの勝利を容易にしてしまいました。タイトル争いは2位でスタートすることになりましたが、これは悪いスタートではありません。誰もが勝ちたいし、タイトル争いの点でも勝利がほしいし、ファンもボウが勝利するのを見たかったと思います。しかし1ラップ目の数々の失敗を思うと、そこからしっかりばん回してきたボウのパフォーマンスは、トニー・ボウの別の強さをしっかり見せていたと思います。明日、ボウが最高の状態で試合をスタートできれば、すべてが正常に戻ると確信しています。
マルセリは1ラップ目が9位でした。2ラップ目にはかなりポジションをばん回することができました。今日はとにかく全体的に難しいトライアルを強いられた1日となりましたが、マルセリの実力はトップ3レベルにいるのは間違いないので、もう少しいい結果を期待していました。今はセクション攻略法についてもう一度研究し直して、失敗をしっかりやり直して、明日は2人のライダーがそれぞれさらに上位に入れるように願っています



投稿日