Race
SUPER GT 2021
Round 6

ARTA NSX-GTが2位以下に大差をつけて今季初勝利

jp AUTOPOLIS

10月23日(土)・24日(日)、オートポリス(大分県)で2021年度SUPER GTシリーズ第6戦が開催され、GT500クラスに5台のNSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。昨年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて九州大会が開催されなかったため、新規定にもとづいてFR化したNSX-GTがオートポリスを走るのは初めてのことです。

ARTA NSX-GTが2位以下に大差をつけて今季初勝利

公式予選が行われた土曜日は朝から晴天となりました。午前中の公式練習で赤旗中断が相次ぎ、予定より15分遅れの午後1時55分から始まった公式予選では#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(大湯都史樹)、#64 Modulo NSX-GT(大津弘樹)、#8 ARTA NSX-GT(福住仁嶺)、#17 Astemo NSX-GT(塚越広大)がQ1セッションを突破しQ2へ進出しました。大湯と大津はコースレコードを更新するタイムでした。一方、ランキングトップの山本尚貴が乗る#1 STANLEY NSX-GTは、出走車中最大のサクセスウエイト110kgを課せられた結果、アップダウンのあるオートポリスのコースでは苦戦に陥ってQ2進出はならず、予選13番手に終わりました。

Q2セッションでは#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京)がベストタイムを記録してポールポジションを獲得。#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也)が3番手、#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)が4番手、#17 Astemo NSX-GT(ベルトラン・バゲット)が7番手からスタートすることとなりました。笹原/大湯組がポールポジションを獲得したのは初めてのことです。

決勝レースの行われる日曜日も引き続き晴天となりました。土曜日よりも気温が低下する中、午後1時30分に決勝レースのスタートが切られると、2番手スタートの14号車がスパートしてトップに立ちましたが、この14号車はスタート前の段階でエンジン交換のペナルティーを受けることが決まっており、事実上はポールポジションからスタートした#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(大湯)がトップ、3番手からスタートした#64 Modulo NSX-GT(伊沢)が2番手、4番手からスタートした#8 ARTA NSX-GT(福住)が3番手と、NSX-GTが1-2-3体制を築いてレースを始めました。

5周目に先頭を走る14号車がペナルティー消化のためにピットインすると、レースの見かけ上もNSX-GTの1-2-3状態となりました。ところが、フルコースイエロー(FCY)とセーフティカー(SC)介入を挟んだ18周目、トップを走る#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(大湯)の右リアタイヤが突然外れてレースから脱落。#64 Modulo NSX-GT(伊沢)が代わってトップに立ち、2番手に#8 ARTA NSX-GT(福住)が続くこととなりました。

このアクシデントにより再びSCが介入し、その間にレース距離の1/3を消化。そのため24周終了時点でリスタートが切られると、ドライバー交代のピットインが始まりました。29周目に#64 Modulo NSX-GT(大津)が作業を終えてピットアウトすると、26周目の段階でピット作業を終えていた#8 ARTA NSX-GT(野尻)がすぐ背後に迫りました。タイヤの温まっていない#64 Modulo NSX-GT(大津)はペースが上がらず首位を明け渡したばかりか、後続車にも先行されて4番手にまで順位を落としてしまいました。

しかし、タイヤが温まると#64 Modulo NSX-GT(大津)のペースが戻り、32周目には前を走る2台を抜き返して#8 ARTA NSX-GT(野尻)の背後に迫ります。2台は3番手を引き離しながらNSX-GT同士のデッドヒートをしばらく続けましたが、40周を迎える頃にはタイヤの消耗により#64 Modulo NSX-GT(大津)のペースが落ち、順位を落としていきました。

一方、トップを守った#8 ARTA NSX-GT(野尻)は快調に周回を重ね、2番手以降に大差をつけて独走したまま65周を走り切り優勝を飾りました。Hondaのマシンがオートポリスで優勝したのは2007年のARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン)以来のことでした。13番手からスタートした#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)が6位、#17 Astemo NSX-GT(塚越/バゲット)が8位に入賞し、選手権ポイントを獲得しました。この結果、山本はドライバーランキングトップ、牧野はランキング2位のポジションを守って、サクセスウエイトが半減となる第7戦ツインリンクもてぎを迎えることとなりました。


Masahiro Saiki
Masahiro Saiki
Honda R&D Co., Ltd. Honda GT Project Leader
長い間、Hondaとしてはオートポリスでポールポジションを獲りはするものの優勝できていなかったので、今年はなんとか勝ちたいと思っていました。ようやく九州のファンの皆さんの前で優勝することができました。8号車が優勝したのはもちろんですが、ポイントリーダーの1号車が見事なピット戦略などの結果6位に入賞してポイントを重ねたのは、タイトルに向けて大きな意味があります。シリーズ最終戦の富士スピードウェイはトップスピードがモノを言うコースで、必ずしも我々に有利だとは言えないので、サクセスウエイトが半分になる次回のツインリンクもてぎ戦でポイントをしっかり重ねて、最終戦富士では少ないポイントでもタイトルを獲れるよう戦います

Tomoki Nojiri
Tomoki Nojiri 8
ARTA
ここまで8号車としてなかなか結果を出せずに来ましたが、前回のレース後、チームとミーティングを重ねてチーム全体で強くなろうとみんなでがんばってきた成果が出たのだと思っています。ただ、決勝レースのパフォーマンスがよかった反面、持ち込み状態ではつまずいてしまったので、次回のレースまでエンジニア任せではなく、ドライバーとしても一緒になってマシンのポテンシャルを上げていくつもりです。大津選手が迫ってきたとき、隙を見せれば当然狙ってくると思ったので、絶対にインへは入れないという気持ちを見せるため、少しダーティーにも見えるかもしれない走りをして抑えました。一発のタイムが出るセッティングではなかったので、とにかくペースを守って走るしかありませんでした

Nirei Fukuzumi
Nirei Fukuzumi 8
ARTA
今シーズンは、優勝できてもおかしくないレースが何回もあったのに自分のミスなどで落としてしまい、落ち込んだり自信をなくしたりすることもありました。今回のレースに向けてもあまり自信を持てなかったのですが、先週スーパーフォーミュラでシリーズチャンピオンになった野尻選手に助けてもらいながら戦いました。でも、まだ自分のパフォーマンスには満足できないし、マシンのセッティングにも改善できる面があると思うので、次戦に向けてドライバーとしてもしっかり関わって準備をしたいと思います。今年のNSX-GTは、Hondaさんが細かいところまで研究して仕上げてくださったので、そこが強みになっていると思います。支えていただいている皆さんに感謝したいです

GT500決勝リザルト

Pos. Num. Machine Driver Laps Time/Gap
1 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 65 2:04'50.793
2 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路/石浦宏明 65 +28.548
3 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 65 +33.469
4 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 平手晃平/千代勝正 65 +40.700
5 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra H.コバライネン/中山雄一 65 +43.636
6 1 STANLEY NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 65 +44.080
8 17 Astemo NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 65 +54.458
12 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 65 +1'21.749
RT 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京/大湯都史樹 17 +48Laps

GT300決勝リザルト

Pos. Num. Machine Driver Laps Time/Gap
1 31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨宏紀/中山友貴 61 2:04'54.908
2 96 K-tunes RC F GT3 新田守男/阪口晴南 61 +10.946
3 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 61 +16.980
4 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田広樹/川合孝汰 61 +17.279
5 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 61 +18.256
6 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 61 +35.805
16 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/名取鉄平 60 +1Lap
20 55 ARTA NSX GT3 高木真一/佐藤蓮 60 +1Lap
22 34 Yogibo NSX GT3 道上龍/密山祥吾 60 +1Lap

GT500 ポイントランキング

Pos. Num. Driver Machine Pts
1 1 山本尚貴 STANLEY NSX-GT 60
2 1 牧野任祐 STANLEY NSX-GT 57
3 17 塚越広大/ベルトラン・バゲット Astemo NSX-GT 44
4 36 関口雄飛/坪井翔 au TOM'S GR Supra 41
5 23 松田次生/R.クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R 37
6 3 平手晃平/千代勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 36
8 8 野尻智紀/福住仁嶺 ARTA NSX-GT 35
16 16 笹原右京/大湯都史樹 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 13
17 64 伊沢拓也/大津弘樹 Modulo NSX-GT 5
18 1 武藤英紀 STANLEY NSX-GT 3

GT300 ポイントランキング

Pos. Num. Driver Machine Pts
1 61 井口卓人/山内英輝 SUBARU BRZ R&D SPORT 50
2 56 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 38
3 244 三宅淳詞/堤優威 たかのこの湯 GR Supra GT 36
4 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 32
5 55 高木真一/佐藤蓮 ARTA NSX GT3 30
6 52 吉田広樹/川合孝汰 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 30
22 34 道上龍/密山祥吾 Yogibo NSX GT3 5
25 18 小林崇志/名取鉄平 UPGARAGE NSX GT3 3


投稿日