Race
SUPER GT 2021
Round 4

STANLEY NSX-GTがポール・トゥ・ウインを飾る

jp Twin Ring Motegi

7月17日(土)・18日(日)、ツインリンクもてぎ(栃木県)で2021年度SUPER GTシリーズ第4戦が開催され、GT500クラスに5台のNSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。鈴鹿サーキットで予定されていたシリーズ第3戦が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて8月に延期されたため、今回が第2戦に続くレースとなります。

STANLEY NSX-GTがポール・トゥ・ウインを飾る

晴天となった土曜日の午後2時15分から公式予選が始まりました。NSX-GT勢は#1 STANLEY NSX-GT(牧野任祐)、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(大湯都史樹)、#64 Modulo NSX-GT(大津弘樹)がQ1セッションを突破。そして、Q2セッションの結果#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴)がポールポジションを獲得し、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京)が3番手、#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也)が6番手につけました。

日曜日は前日に引き続き晴天となり、気温、路面温度ともに急上昇して猛暑となった午後1時16分、63周のレースがスタートしました。ポールポジションの#1 STANLEY NSX-GT(牧野)はポジションを守ってレースを始めましたが、7周目、後続の#19にオーバーテイクを許し2番手へ後退しました。#1 STANLEY NSX-GT(牧野)は少しずつギャップを開かれながらも2番手を守り、24周を走ってドライバー交代のためピットインしました。

レースに復帰した#1 STANLEY NSX-GT(山本)は、トップを走行していた#19が28周目にドライバー交代を行った際、ピット作業に手間取って遅れる間に順位を入れ替え、約4秒の差でトップに立ちました。しかし、2番手に後退した#19のペースは速く、ギャップは徐々に縮まって37周目には0.2秒差のテール・トゥ・ノーズにまで迫られました。その後、GT300車両の火災などアクシデントの処理のためオーバーテイクが禁止となるFCY(フルコースイエロー)が2回にわたり発動し、トップの座を守ったまま終盤戦に持ち込みました。

レースが残り10周になると#19が再び背後まで迫ってきましたが、#1 STANLEY NSX-GT(山本)は巧妙なライン取りでポジションをキープ。その後は逆にギャップを開いて突き放し、残りのレースを走りきって優勝のチェッカーフラッグを受けました。4位には#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原/大湯)、5位には予選9番手からスタートした#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が入賞しそれぞれ選手権ポイントを獲得しました。


Masahiro Saiki
Masahiro Saiki
Honda R&D Co., Ltd. Honda GT Project Leader
猛暑の中、タイヤがカギになるレースになると思っていました。ここで勝てたのはポールポジションを取った山本選手と牧野選手のがんばりがあったからです。第2戦からの長いインターバルでは、通常なら手を入れない細かい場所も見直して積み重ね、クルマ全体の底上げをしましたが、その結果が出たとも思います。ただし、今回はトラブルが出てしまったクルマもあったので、鈴鹿でのレースまでにもう一度クルマを徹底的に見直すつもりです。(2018年以来)鈴鹿では勝てていないので、いい結果を出すために取り組みます

Naoki Yamamoto
Naoki Yamamoto 1
TEAM KUNIMITSU
会心の勝利だったと思っています。自分の思い描いていた理想の展開に持ち込み、その描いた通りに結果を得ることができました。正直なところ、19号車の前に出られるとは思っていませんでした。すぐ追いつかれてしまいましたが、ここはがんばりすぎず、引きつければ相手もダウンフォースが抜けるだろうしタイヤの温度も上がるだろうと考えて、要所要所で危ないところはあったものの、そこはしっかりと押さえて走りました。今回の結果でランキング上位につけることができました。いまのルールだと(開幕戦で欠場した)牧野選手と2人でタイトルを獲ることはできないのですが、チームとして連覇を狙うためにがんばります。鈴鹿は事前テストで調子のよかったサーキットなので、しっかり狙っていきます

Tadasuke Makino
Tadasuke Makino 1
TEAM KUNIMITSU
ポール・トゥ・ウインという自分たちの狙っていた結果を残せて本当によかったです。レース前半を担当し、少し厳しい部分があったのですが落ち着いて走ることができましたし、後半に向けて自分としてできることもできました。あとは(山本)尚貴さんのおかげで勝つことができました。チームの皆さんにも、すばらしい作業で送り出してくれたことを感謝しています。シリーズに関しては、ウエイトが載ってからが勝負だと思うので、しっかり踏ん張ってチームがチャンピオンシップ連覇できるようお手伝いができたらと思います

GT500決勝リザルト

Pos.

Num.

マシン

ドライバー

周回数

Time/Gap

1

1

STANLEY NSX-GT

山本尚貴/牧野任祐

63

1:54'03.865

2

19

WedsSport ADVAN GR Supra

国本雄資/宮田莉朋

63

+3.221

3

36

au TOM'S GR Supra

関口雄飛/坪井翔

63

+11.88

4

16

Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT

笹原右京/大湯都史樹

63

+29.226

5

8

ARTA NSX-GT

野尻智紀/福住仁嶺

63

+30.521

6

3

CRAFTSPORTS MOTUL GT-R

平手晃平/千代勝正

63

+54.164

14

17

Astemo NSX-GT

塚越広大/ベルトラン・バゲット

49

+14 Laps

RT

64

Modulo NSX-GT

伊沢拓也/大津弘樹

43

+20 Laps


GT300決勝リザルト

Pos.

Num.

マシン

ドライバー

周回数

Time/Gap

1

2

muta Racing Lotus MC

加藤寛規/阪口良平

58

1:54'05.407

2

11

GAINER TANAX GT-R

平中克幸/安田裕信

58

+1.576

3

52

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

吉田広樹/川合孝汰

58

+1.819

4

244

たかのこの湯 GR Supra GT

三宅淳詞/堤優威

58

+10.821

5

4

グッドスマイル 初音ミク AMG

谷口信輝/片岡龍也

58

+15.287

6

25

HOPPY Porsche

松井孝允/佐藤公哉

58

+35.614

10

18

UPGARAGE NSX GT3

小林崇志/名取鉄平

58

+1'14.820

17

34

Yogibo NSX GT3

道上龍/密山祥吾

58

+3'09.975

23

55

ARTA NSX GT3

高木真一/佐藤蓮

56

+2 Laps


GT500 ポイントランキング

Pos.

Num.

ドライバー

マシン

Pts

1

14

大嶋和也/山下健太

WAKO'S 4CR GR Supra

35

2

1

山本尚貴

STANLEY NSX-GT

32

3

1

牧野任祐

STANLEY NSX-GT

29

4

37

平川亮/阪口晴南

KeePer TOM'S GR Supra

27

5

17

塚越広大/ベルトラン・バゲット

Astemo NSX-GT

26

6

36

関口雄飛/坪井翔

au TOM'S GR Supra

26

10

8

野尻智紀/福住仁嶺

ARTA NSX-GT

13

11

16

笹原右京/大湯都史樹

Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT

8

13

1

武藤英紀

STANLEY NSX-GT

3

16

64

伊沢拓也/大津弘樹

Modulo NSX-GT

1


GT300 ポイントランキング

Pos.

Num.

ドライバー

マシン

Pts

1 65 蒲生尚弥/菅波冬悟 LEON PYRAMID AMG 25
2 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 25
3 56 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 24
4 60 吉本大樹/河野駿佑 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 23
5 52 吉田広樹/川合孝汰 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 22
6 2 加藤寛規/阪口良平 シンティアム・アップル・ロータス 21
9 55 高木真一/佐藤蓮 ARTA NSX GT3 11
17 18 小林崇志/名取鉄平 UPGARAGE NSX GT3 3


投稿日