Race
SUPER GT 2021
Round 1

開幕戦、追い上げたAstemo NSX-GTが5位入賞

jp Okayama International Circuit

4月10日(土)~11日(日)、岡山国際サーキット(岡山県)で2021年SUPER GTシリーズ第1戦が開催され、GT500クラスに5台のNSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。

開幕戦、追い上げたAstemo NSX-GTが5位入賞

昨シーズン、新たに導入されたクラス1規定に沿ってFR形式の車両へ大変身を遂げたNSX-GTは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で十分な熟成作業を進められず、苦しい戦いを強いられながらもシリーズチャンピオンを獲得することができました。今シーズンに向けては、規則により空力面の改変が凍結されたため外観は昨年のままとなっていますが、エンジンのパフォーマンス向上、セッティング面の熟成などを着実に進め、シーズンオフの合同テストでも快調に走行を重ねて万全の体勢で開幕を迎えました。

近年のGT500車両は年々平均速度が上がっています。今回レースの舞台となる岡山国際サーキットは、昨年度のレースが開催されなかった上、開幕戦では全車がウエイトハンデを積まない“ノーウエイト”であることを考慮し、スピード抑制に向けた措置が取られました。GT500全車に対して通常は95.0kg/hの燃料流量制限を90.2kg/hに変更し、エンジン出力を抑制する特別BoPが適用されました。また、GT300クラスでは車両分類に応じたウエイトハンデが課せられました。

快晴となった土曜日の午前中、1時間45分にわたって行なわれた公式練習セッションではNSX-GT勢が快調で、#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京/大湯都史樹)、#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/武藤英紀)が1-2-3で走行を終えました。なお、昨年のチャンピオンカーである#1は前年と同様のドライバーラインアップで参戦する予定でしたが、牧野任祐の体調不良により、開幕戦では代役として武藤が山本のパートナーを務めました。

公式練習終了後、ランチタイムを経て気温、路面温度はどんどん上昇、汗ばむほどの陽気の中、午後2時33分からGT500のQ1セッションが始まりました。ここではコンディションの変化もあってか午前中まで快調だったNSX-GTのペースが伸び悩み、Q2セッションへ進出できる上位8台に食い込めたのは、5番手の#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(大湯都史樹)、6番手の#64 Modulo NSX-GT(大津弘樹)のみでした。Q2セッションでもNSX-GTのペースは伸びず、結局、NSX-GT勢の公式予選では#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)が6番手、7番手に#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也)が続くこととなりました。予選後、#16に「走路外走行」の判定が下り当該ラップタイムが削除されたため、最終的には#64 Modulo NSX-GTが6番手、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが7番手となりました。

日曜日も前日に引き続き晴天となりました。汗ばむほどの陽気の中、午後1時30分、82周の決勝レースがスタート。オープニングラップは6番手に#64 Modulo NSX-GT(伊沢)、8番手には#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)、9番手に#17 Astemo NSX-GT(ベルトラン・バゲット)が続いてレースを始めました。

#17 Astemo NSX-GT(バゲット)のペースはよく、序盤のうちにNSX-GT勢最上位の7番手へ進出。さらに前走車に迫って上位を狙う構えに入りました。レース中盤に差しかかった33周目には、GT300車両がコース上にストップ。その停止車両を排除するためにセーフティカーが導入されると踏んだ各車は、33周目終わりで一斉にピットへとなだれ込み、タイヤ交換と給油を行なってコースへ復帰しました。この段階で#17 Astemo NSX-GT(塚越広大)は事実上の6番手へ進出。さらに前走車に攻め寄りました。

レースも終盤となった68周目、#17 Astemo NSX-GT(塚越)はバックストレートエンドで前走車のインに飛び込み5番手へ進出。さらに順位を上げようと前走車に攻め寄りましたが、順位を入れ替えるには至らず、NSX-GT勢最上位の5位でチェッカーフラッグを受けることとなりました。7位には14番グリッドから追い上げてきた#8 ARTA NSX-GT(福住)、8位には11番グリッドから追い上げてきた#1 STANLEY NSX-GT(山本)が続いて、それぞれ選手権ポイントを獲得しました。


Koudai Tsukakoshi
Koudai Tsukakoshi 17
Astemo REAL RACING
この週末は、期待していたほどスムーズには走り出せず、マシンのセットをいろいろ試さなくてはいけなくなりました。その結果、予選は僅差ながら9番手に終わりました。でも、いろいろなトライをして得られたデータを元にメカニックも土曜日の夜遅くまでマシンの調整をしてくれたおかげで、決勝はこの週末で一番感触がよくなりました。5位という順位は満足ではないですが、悩んでいたことが解消され、次につながるセッティングを確認できたのはよかったと思っています。第2戦富士のレースは距離も長く(500km)、昨年も調子がよかったサーキットなので自信を持って臨みます

Bertrand Baguette
Bertrand Baguette 17
Astemo REAL RACING
予選ではかなり上位に行けると期待していたにもかかわらず、9位に終わってしまったのには驚きました。もっと上に行けると思っていたんです。しかし、決勝を見据えて硬めのタイヤを選んでいたので、レースではばん回できると思っていました。決勝のスタートはうまくいったのですが、その後は思うようにペースを上げられず難しい状況でした。最終的に5位に入れたことには満足しています。今週末の岡山で何が起こったのかを分析し、次の富士でより強くなるための解決策を見つけ出すつもりでいます

Masahiro Saiki
Masahiro Saiki
Honda R&D Co., Ltd. Honda GT Project Leader
昨年はレースが開催されなかったコースで、セッティングが攻め切れていなかったかもしれません。予選の結果がよくなかったので、決勝レースは各車とも集団の中で走らざるを得ず、自分たちのペースに乗れなかったのが残念です。ただ、荒れた展開のなか、NSX-GTは全車が完走しましたし3台がポイントを獲得できたので今後が楽しみです。厳しいレースでしたがレース中にさまざまな方向性も確認できたので、今後の進化に期待していただきたいと思います

GT500決勝リザルト

Pos.

Num.

マシン

ドライバー

Time/Gap

1 14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也/山下健太 2:06'55.425
2 36 au TOM'S GR Supra 関口雄飛/坪井翔 +1.187
3 37 KeePer TOM'S GR Supra 平川亮/阪口晴南 +13.621
4 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra H.コバライネン/中山雄一 +30.142
5 17 Astemo NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット +30.562
6 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路/石浦宏明 +31.677
7 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 +32.171
8 1 STANLEY NSX-GT 山本尚貴/武藤英紀 +32.929

11 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京/大湯都史樹 +52.96
13 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 +1Lap

GT300決勝リザルト

Pos.

Num.

マシン

ドライバー

Time/Gap

1

56

リアライズ日産自動車大学校 GT-R

藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ

2:07'21.752

2

65

LEON PYRAMID AMG

蒲生尚弥/菅波冬悟

+0.454

3

52

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

吉田広樹/川合孝汰

+0.660

4

11

GAINER TANAX GT-R

平中克幸/安田裕信

+1.021

5

244

たかのこの湯 GR Supra GT

三宅淳詞/堤優威

+16.908

6

96

K-tunes RC F GT3

新田守男/平良響

+35.977

11

18

UPGARAGE NSX GT3

小林崇志/名取鉄平

+1Lap

16

34

Yogibo NSX GT3

道上龍/密山祥吾

+1Lap

26

55

ARTA NSX GT3

高木真一/佐藤蓮

+8Laps


GT500 ポイントランキング

Pos.

Num.

ドライバー

マシン

Pts

1

14

大嶋和也/山下健太

ENEOS X PRIME GR Supra

20

2

36

関口雄飛/坪井翔

au TOM'S GR Supra

15

3

37

平川亮/阪口晴南

KeePer TOM'S GR Supra

12

4

39

H.コバライネン/中山雄一

DENSO KOBELCO SARD GR Supra

8

5

17

塚越広大/ベルトラン・バゲット

Astemo NSX-GT

6

6

38

立川祐路/石浦宏明

ZENT CERUMO GR Supra

5

7

8

野尻智紀/福住仁嶺

ARTA NSX-GT

4

8

1

山本尚貴/武藤英紀

STANLEY NSX-GT

3


GT300 ポイントランキング

Pos.

Num.

ドライバー

マシン

Pts

1

56

藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ

リアライズ日産自動車大学校 GT-R

20

2

65

蒲生尚弥/菅波冬悟

LEON PYRAMID AMG

15

3

52

吉田広樹/川合孝汰

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

11

4

11

平中克幸/安田裕信

GAINER TANAX GT-R

9

5

244

三宅淳詞/堤優威

たかのこの湯 GR Supra GT

6

6

96

新田守男/平良響

K-tunes RC F GT3

5



投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.