SUPER GT 2021

SF19

SF19は、全日本スーパーフォーミュラ選手権に2019年から採用されている車両です。

SF19

シャシー

製作

ダラーラ・オートモービル(イタリア)

全長

5,233mm

ホイールベース

3,115mm

全幅

1,910mm

全高

960mm

最低重量

670kg(ドライバー搭乗時)

ギアボックス

リカルド 前進6速、パドルシステム

ブレーキ

ブレンボ キャリパー、ブレンボ カーボン製ディスク

ステアリングシステム

KYB 電動パワーステアリングシステム

フロントサスペンション形式

プッシュロッド、トーションバースプリング

リアサスペンション形式

プッシュロッド

安全基準

FIA 2016/17 F1規定に基づく

エンジン

メーカー/製造元/型式

本田技研工業/M-TEC製/HR-417E

排気量

2,000cc

仕様

直列4気筒、ダイレクトインジェクション

過給器

ターボチャージャー(ギャレット製)

最低重量

85kg

出力

405kw(550ps)以上

製作

燃料リストリクターによる燃料流量制限


前身であるSF14に引き続き、ダラーラ社が設計・製作を担当。SF14のコンセプトである「クイック&ライト」を継続。「他車との接近時のコントロール性」を空力の見直しによって改善し、さらにオーバーテイクがしやすくなっているのが特徴です。