Rally

パブロ・クインタニラがモロッコラリーで初勝利

7日間に渡って行われたモロッコラリーが閉幕し、Monster Energy Honda Teamは素晴らしい戦績を収めました。最終ステージで優勝したパブロ・クインタニラが、モロッコラリーの勝者となりました。

パブロ・クインタニラがモロッコラリーで初勝利

5か月前にMonster Energy Honda Teamに加入したクインタニラにとっては、CRF450 RALLYでの初めての総合優勝です。2019年のアタカマラリー以来の勝利で、自身初のモロッコラリー勝利となりました。モロッコラリーでのHondaの優勝は、2013年の故パウロ・ゴンサルヴェス氏以来です。

FIMクロスカントリーラリー世界選手権の第4戦となるモロッコラリーで、Monster Energy Honda Teamは数か月後に迫ったダカールラリーに向けて、砂漠での走行を重ねました。ライダー、マシンともに、いい状態に仕上がっています。

優勝争いが白熱する中、166kmの最終ステージが行われました。ナビゲーションの少ないステージで、風も穏やかな中、ポジションアップが難しい状況でした。

首位のマシアス・ウォークナー(KTM)を追い抜くべく、クインタニラが好スタートを切りました。いいペースで走行を続け、最終ステージで逆転を果たして総合優勝を勝ち取りました。チームメートのリッキー・ブラベックは最終ステージをステージ2位で終えましたが、ライバルとのタイム差を埋めることはできず、総合4位でラリーを終えました。

同じくMonster Energy Honda Teamのジョアン・バレーダも最後までバトルを続け、最終ステージ6位、総合11位で帰路につきました。前日に転倒を喫したホセ・イグナシオ・コルネホは、コンディションが万全でない中、完走を目指して走りました。総合10位で今年のモロッコラリーを終えています。

Monster Energy Honda Teamの次の戦いは、2022年1月1~14日にサウジアラビアで行われるダカールラリーになります。


Pablo Quintanilla
Pablo Quintanilla 2
Monster Energy Honda Team
勝利できてとてもうれしいです。難しい1週間でしたが、いい仕事をしてくれたチームスタッフに感謝しています。いいペースで走ることができ、ナビゲーションもうまくいって、自信を持ってラリーができました。ダカールラリーという目標があり、高いモチベーションを持って戦えました。暫しの休息を挟んで、ダカールラリーに向けて集中していきます

Ricky Brabec
Ricky Brabec 1
Monster Energy Honda Team
モロッコラリーを走り終え、ダカールラリーに向けていい練習になりました。チームメートが優勝することができて、興奮しています。ダブル表彰台を実現できなくて残念です。先頭でスタートすることは勇気が必要ですし、ステージ優勝を果たすにはガッツが要ります。我々は特に難しいステージを、先頭でスタートしました。本番はダカールラリーです。いくつかミスをして表彰台を逃しましたが、ケガすることなく帰路につき、ダカールラリーへの準備を進めることができます

José Ignacio Cornejo
José Ignacio Cornejo 4
Monster Energy Honda Team
簡単ではないモロッコラリーを走り終えることができてうれしいです。結果は望んだものではありませんでしたが、マシンの状態がよく、いいペースで走ることができました。チームは真剣に仕事をこなし、いい信頼関係が築けています。ダカールラリーに向けて、いい状態です。今日は調子を取り戻して、昨日よりもいいペースを走ることができました

Joan Barreda
Joan Barreda 88
Monster Energy Honda Team
モロッコでの1週間をとおして、いいペースで走ることができてよかったです。タイム差は非常に少なくて、細かな違いでラリーの勝敗が決まりました。砂漠をいいペースで走り、多くの走行距離を重ねることができました。目標であるダカールラリーに向けて、準備を進めることができています

Ruben Faria
Ruben Faria
Monster Energy Honda Team
モロッコラリーの最終ステージは、難易度が低いものでした。開幕時点では厳しいラリーを予想していました。勝敗が決まる最終ステージでしたが、コースが短くなり、砂丘を走らなくなったために、予想とは違ったものになりました。後方でスタートした選手には、勝つチャンスがありませんでした。総合優勝するために、パブロ(クインタニラ)はアタックする必要がありました。作戦がうまくいき、逆転して総合首位に立つことができました。
リッキー(ブラベック)には表彰台を獲得してもらいたかったのですが、ルートの変更でそれは果たせず、総合4位でした。ナチョ(コルネホ)は昨日転倒してしまい、総合10位でした。昨日までいいラリーができていたと言えませんが、目標である完走を果たすことができました。優秀なラリーライダーであるジョアン(バレーダ)もいい走行をしましたが、第3ステージのナビゲーションでミスをし、ペナルティーもあり総合11位でした。
勝つことが目的というよりも、ライダー、マシン、チームの状態を高めるためのラリーでした。どのライダーもクラッシュすることなく、完走を果たすのが目標でした。その目標を達成できたので、とてもうれしいです。ここからはダカールラリーに向けて集中し、3年連続の優勝を目指します

Pos. Rider Team Constructor Time/Gap
1 Pablo QUINTANILLA Monster Energy Honda Team Honda 16:26'51
2 Matthias WALKNER Red Bull KTM Rally Factory Team KTM +1'59
3 Daniel SANDERS Gas Gas Factory Team Gas Gas +5'27
4 Ricky BRABEC Monster Energy Honda Team Honda +7'14
5 Adrien VAN BEVEREN Monster Energy Yamaha Rally Team Yamaha +18'01
6 Luciano BENAVIDES Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing Husqvarna +34'03
10 José Ignacio CORNEJO Monster Energy Honda Team Honda +45'19
11 Joan BARREDA Monster Energy Honda Team Honda +48'12


投稿日