MXGP Race 2
MXGP 2021
Round 1

開幕戦をディフェンディングチャンピオンのガイザーが完勝

ru Orlyonok

モトクロス世界選手権の2021シーズンが、ロシアのオリョーノクで開幕しました。新型コロナウイルス感染症の流行により、レースカレンダーが見直され、例年よりも遅いスタートとなりました。Team HRCは今季、ディフェンディングチャンピオンのティム・ガイザー、MXGP参戦2年目のミッチェル・エバンスの2台体制でシリーズに臨みます。開幕戦の最高峰クラスでは、ガイザーがレース1とレース2を制し、完全優勝を果たしました。

開幕戦をディフェンディングチャンピオンのガイザーが完勝

会場のオリョーノクは、2014年に冬季オリンピックが行われたソチに近く、黒海を臨む青少年キャンプ施設に隣接したモトクロス場です。硬質路面で抜きにくいハイスピードコースですが、ガイザーはタイムドプラクティスで1分47秒403を記録し、2番目のゲートピックを得ました。なおエバンスは、手首の負傷により今大会を欠場しています。

レース1のガイザーは、中央からややイン寄りのゲートからスタート。1コーナーでは3~4番手でしたが、4コーナーでイン側に集中する先行車をアウトからまくったガイザーが、一気にトップに躍り出ました。2番手はホルヘ・プラド(KTM)の転倒によって、アントニオ・カイローリ(KTM)に入れ替わりましたが、ガイザーは毎周ベストラップを更新しながら独走。最終的に2位となったロマン・フェーヴル(カワサキ)に対し、16秒の大差をつけガイザーが勝ちました。

レース2でも好発進を切ったガイザーでしたが、1コーナーの進入で転倒車に弾かれてコースアウト。再スタート時には最後尾近くでしたが、オープニングラップのコントロールラインでは9番手までばん回しました。ガイザーの猛追撃は止まることを知らず、6周目にはジェフリー・ハーリングス(KTM)をかわし、2番手に浮上しました。CRF450RWを駆るガイザーは、4秒ほどのビハインドを詰め、12周目にはカイローリを攻略。トップに立ってからもペースを緩めずに独走で優勝しました。全く異なる展開の2レースでしたが、両レース優勝によりオーバーオールウインを掌中に収めたガイザーは、10ポイントリードを得ています。


Tim Gajser
Tim Gajser 243
Team HRC
まず最初に、グランプリが再開されたことを非常にうれしく思います。本当に長い間レースが開催されなかったので、ここロシアで大勢のファンに会えて最高の気分です。レース1はスタートがうまく決まり、ライディングはスムーズで終始安定していました。早めにリードを広げて、レースを支配することができました。レース2ではスターティングゲートからの飛び出しはよかったのですが、イン側で転倒した誰かと接触してコースアウトしてしまったのです。その際に一度飛び降りてからマシンのシートに跨がったので、再スタートしたときには後方集団の中でした。最初の数周でいいラインをいくつか探しながら、できるだけ多くパッシングできるよう試みました。2番手まで浮上してからは、どこで仕掛けるのがベストなのか考え、トップに立つとリードを広げて勝ちました。今週末のことのなりゆきには非常に満足しています



投稿日