MotoGP

マルク・マルケス、トレーニングを強化。チームと密に連絡

マルク・マルケスの回復は順調に進み、トレーニングルーチンを強化。未来を描き始め、チームとの連絡を密に取っています。

マルク・マルケス、トレーニングを強化。チームと密に連絡

手術から10週間が経ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、順調に回復が進んでいます。数週間の休息と軽く理学療法を受けたマルケスは、トレーニングルーチンを強化しました。ジムに頻繁に通い、ここまでは基礎体力を維持するプログラムから、右腕の力をつけるルーチンを始めました。チームドクター、理学療法士、アドバイザーと常に連絡を取り合い、新プログラムのモニタリングとマネージメントを入念に進めています。

現在のトレーニングはランニング、水泳、器具を使ったレジスタンストレーニングにフォーカス。毎週、ウエイトと抵抗が徐々に足され、体の負担を抑えながら力をつけています。

「徐々に体調がよくなり、骨もいい具合に回復していることが一番のグッドニュースです。まだリハビリモードで、有酸素運動に力を入れています。8月末には検査があり、結果によってはそこからリハビリのステップアップ、筋肉をつけるためにプログラムを強化できると思います。日によってはよかったり悪かったりですが、それも人生。自分としては前向きですが、検査ができるまではこの先のタイミングについては、プッシュしすぎる時期ではないので、何も言えません。今のこの気持ちにやっとなれた、といったところです」とマルケス。

「苦しい道のりで、2日や2カ月で乗り越えられるものではなく、2年がかりの苦しみです。前シーズンはこの状態で何回かレースで勝てましたが、正直苦しみました。ヘレスで、何かを変えなきゃいけないと感じました。難しい決断で、今はメンタル的に苦しい状態です。メンタル面は、レースをしていないから苦しいのではなく、右腕の状態を信じきっていないからです。もう、右腕の手術はできません。今回の手術は成功したと信じていますが、脳裏のどこかに常に不安はあります」

マルケスは、自分の回復にのみ集中しているのではなく、RC213Vの開発にエネルギーを燃やし続けています。テスティングと、マルケスの代わりのライダーとしての役割も果たすステファン・ブラドルとは、マルケスは常に連絡を取り合い、現在のマシンの状況と開発を熟知しています。

「Hondaにとって、重要な時期です。今は、チームと常に連絡を取り合い、2022マシンの状況、全体の状況と、チームの方向性を確認していますので、今後オーストリアに向かい、チームのみんなと、日本のHRCスタッフと会い、未来に向けて話し合いをします。みんなで力を出し合い、みんなでレースに勝ち、また負け、そして、またチームとしての団結を固めます。自分のライディングスタイルを分かってくれているブラドル、サンティともよく連絡を取り合って、テスティングについて情報を共有しています。ムジェロでは、自宅に戻るけど連絡を取り合いたいことを伝えました。前回の手術のあとは、密に連絡を取り合わなかったため、今はもっと状況を理解して、フレッシュな気持ちで戻りたい気持ちです」

マルケスは、次戦オーストリアでは現地入り、Repsol Honda Teamのメンバーと再度つながりを強化し、未来を構築する予定です。



投稿日