Track Report
MotoGP 2021
Round 1

Repsol Honda Team 現場レポート2021 - Vol.231

qa Losail International Circuit

開幕戦カタールGPが3月26日から28日の3日間、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われました。昨年に続き今年もコロナ禍の影響で公式テストやカレンダーなどに変更があり、ロサイルで2度のテストを実施して開幕を迎えることになりました。

Repsol Honda Team 現場レポート2021 - Vol.231

今年はRepsol Honda Teamにポル・エスパルガロが新たに加わりました。ウインターテストも順調にこなし開幕戦を迎えました。また、昨年の7月に行われたスペインGPで右腕上腕を骨折し、治療とリハビリ、そしてトレーニングを続けているマルク・マルケスは、復帰に向けて準備を進めていますが、右腕上腕部がまだ完全な状態ではないことから序盤の2戦の欠場を決めました。そのため昨年に引き続き、テストライダーのステファン・ブラドルが代役として出場します。

LCR Honda CASTROLからは、Repsol Honda Teamから移籍したアレックス・マルケス、LCR Honda IDEMITSUからは中上貴晶が出場します。今年も2チーム4人体制でシーズンに挑みます。

迎えた開幕戦カタールGPは、ハイレベルな戦いとなり、フリー走行、予選、そして決勝と大接戦となりました。その厳しい戦いの中でRepsol Honda Teamで初レースに挑んだポル・エスパルガロが8位、ステファン・ブラドルが11位。ともに表彰台を獲得することはできませんでしたが、初戦としては多くのデータを蓄積するレースとなりました。また、アレックス・マルケスと中上貴晶はともに転倒リタイア。連戦となる第2戦ドーハGPでの雪辱に挑みます。

世界中のレースファンが待ちに待った2021年シーズン。その最初のレースをRepsol Honda Teamのアルベルト・プーチ監督が振り返ります。



開幕戦カタールGPの戦略を聞かせて下さい。

「戦略は完走すること。それが最優先の目標でした。複雑なレースでした。前日に強い風が吹いた影響、そしてレース前には急激に気温が下がりました。これがカタールのナイトレースのユニークな点で、今回はコンディションが大きく変わりました。レースではいいスタートを切って、いいペースで走行する。それが今大会のプランでした。シーズン最初のレースは、常に勉強が必要で、ライバルのことも学ばなければなりません。テストを通して多くのことを学びましたが、最初のレースはいつも特別なものです。そして慎重になることがとても重要です」

今大会のポジティブポイント、そしてネガティブポイントがあれば、それも教えて下さい。

「中上貴晶とアレックス・マルケスの転倒はネガティブでした。彼らはレースウイークを通していいペースがあり、レースでは力強い走りをしたいたので残念でした」

「RC213Vで初めてのレースになったポル・エスパルガロはポジティブでした。プラクティスセッションでは、確かにさまざまな点で苦戦しました。転倒もしましたが、解決策を見つけてあげることができませんでした。しかし、レースでは明らかに前進することができました。彼はうまくリカバーして、トップと6秒差でフィニッシュしました。1周目にミル(スズキ)と接触してタイムをロスしていること、そして最初のレースということを考慮すれば悪くはありません。1周目の3秒のロスがなければ、さらにポジティブだったと思います。彼のパフォーマンスはとてもうれしいことです。レース中に彼はマシンを理解することができたし、有益なインフォメーションを我々に与えてくれました。ステファン・ブラドルもいいレースをしました。フロントタイヤに問題がありましたが、うまく乗りこなして完走しました。頭を使ってレースをして、ポイントを獲得しました。私たちにデータを残してくれました」

レース中、ピットウォールから見ていた感想は?

「ポル(エスパルガロ)とミルの接触で、彼は少し後方に下がってしまいましたが、レースではこうしたことが起きるものです。1周目はいつも複雑で、特に前方のグリッドからのスタートでないときはたいへんです。そのあと彼は毎周追い上げていきました。とてもエキサイティングな走りで、あと2、3周あったら、前の集団に追いつけたと思います。簡単な週末ではありませんでしたが、今日より高い希望をもって次の週に進めます」

インサイドストーリーがあれば、それを教えて下さい。

「(新型コロナへの感染リスクから)安全な環境にくることができてうれしいです。ドルナを通して、カタールが我々にワクチンを提供してくれたことに感謝しています。Repsol Honda Teamからは、とにかく感謝の気持ちを伝えたいです。もちろん2021年シーズンが開幕して興奮しています。引き続き、我々はマルク・マルケスが戻ってくるのを待ちたいと思います。そして、同じサーキットで行われる2戦目に向けて仕事を始めなければなりません」



コロナ禍の中で開幕した2021年シーズン。今年はカタールGPに続き、同じロサイル・インターナショナル・サーキットで第2戦ドーハGPが開催されます。RC213Vへの経験値を上げてさらに上位を目指すポル・エスパルガロ。昨年のポルトガルGPの7位以上が期待されるステファン・ブラドル。そして、開幕戦で転倒に終わったアレックス・マルケスと中上貴晶の巻き返しが注目されます。



投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.