Practice
MotoGP 2023
Round 14

ホームGPを迎えた中上 初日のフリー走行は18番手

jp Mobility Resort Motegi

LCR Honda IDEMITSUの中上貴晶は、モビリティリゾートもてぎで9月29日(金)に開幕したロードレース世界選手権(MotoGP)第14戦日本GPの初日を18番手で終えました。

ホームGPを迎えた中上 初日のフリー走行は18番手

午前のフリー走行(FP)1を19番手で終えた中上は、午後に行われたプラクティスで1.406秒タイムを短縮しましたが、全体的にタイムが上がったため18番手。課題はブレーキングのバランスで、ストップ&ゴーのレイアウトが特徴のもてぎなだけに苦戦の一日となりました。明日のFP2と予選では、スプリントに向けて課題解決に挑みます。

LCR Honda CASTROLのアレックス・リンスは、6月上旬に行われた第6戦イタリアGPのスプリントで転倒し、右脚を骨折。以来約3カ月間、治療とリハビリに努め、日本GP開幕前日の木曜日にメディカルチェックをパスし、7戦ぶりにコースに戻ってきました。

初日のFP1では16周をこなしましたが、午後のプラクティス開始直後に右脚に痛みを感じたため、走行を中止しました。

医師の診断を受けたリンスは、さらなるリスクを避けるために2日目以降の走行キャンセルを決断。2日目以降はHRCのテストライダーを務めるステファン・ブラドルが代役として出場します。


HRC公式Instagramで最新情報をチェック!
https://www.instagram.com/hondaracingcorporation/


Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
今朝のFP1からブレーキングエリアでのマシンのバランスが完全ではなく、思うようにタイム短縮を果たせませんでした。グリップについてはフロントよりリアの方がよく、明日の走行では前後のバランスを取らなければなりません。スプリントでいいレースをするために、上位とのギャップを縮めたいです

Alex Rins
Alex Rins 42
LCR Honda CASTROL
今日はいいフィーリングでスタートしたのですが、午後のプラクティスで数周走ったところで右脚に痛みを感じ、走行を取りやめました。今日は重要な一日になりました。なぜなら、どこが復帰に向けてのスタート地点で、どのように回復を続ければいいのかが分かったからです。これまで通りに自宅でリハビリを続けて、インドネシアGPで再挑戦する予定です



投稿日