Test
MotoGP 2023

開幕戦ポルトガルGPに向けて2日間のテストが終了。Honda勢の4選手は、開幕戦に向けて準備を整える

pt Autódromo Internacional do Algarve

シーズン開幕戦の舞台となるポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキット(以下、アルガルベ・サーキット)で、3月11日~12日の2日間、今季2回目の公式テストが行われました。

開幕戦ポルトガルGPに向けて2日間のテストが終了。Honda勢の4選手は、開幕戦に向けて準備を整える

Honda勢は、Repsol Honda TeamとLCR Hondaの2チーム4選手がテストに参加。Repsol Honda Teamは、これまで6回タイトルを獲得しているマルク・マルケスと20年のチャンピオンで今季新加入のジョアン・ミルの両選手、LCR Honda CASTROLからは新加入のアレックス・リンス、LCR Honda IDEMITSUからは6年目のシーズンを迎える中上貴晶が参加しました。

開幕戦の舞台となるアルガルベ・サーキットは、2月上旬にテストが行われたマレーシア・セパンとは、コースのキャラクターが全く異なります。起伏に富んだジェットコースターのようなレイアウトは、難易度の高いサーキットとして知られていますが、このテストが開幕に向けて最後の調整の場となるだけに、2日間を通じて集中したテストが行われました。

マルケスは2日間で154周、ミルは135周を走行しました。両ライダーともに、新しいシャシーや数々の空力パーツ、そして電子制御の見直しなど、テストメニューを着実にこなしました。昨年は、RC213Vのパフォーマンスを存分に発揮することができず、Honda勢は厳しい一年となりましたが、再び、RC213Vを優勝争いに戻すための懸命な作業が続けられました。

そのため、両ライダーともに満足の行くタイムアタックをこなす時間が取れませんでしたが、ミルはトップから0.794秒差の13番手、マルケスは0.810秒差の14番手でした。

今年は大会スケジュールが大幅に変わり、土曜日に通常の半分の距離で戦われるスプリントレース、日曜日には従来のレースが開催される1大会2レース制という大きな変化が訪れます。今年は全21戦で42レース。これまでだれも経験したことがないハードな日程となります。土曜日に行われるスプリントレースは、ポイントも半分になりますが、これまで以上にグリッドが重要になります。選手にとっては、集中力が要求されるレースウイークとなりますが、ファンにとっては、これまで以上に見どころあふれるレースウイークになることが予想されます。

そうした新しい日程に向けてマルケスは、2日目の午後にスプリントレースのシミュレーションを行い、1分39秒台前半から中盤の好タイムで連続周回をこなしました。20年7月のスペイン・ヘレスで骨折した右腕は、4度の手術を受けて完全に回復しています。マルケスにとって、次のテーマは、本来の走りができるRC213Vに仕上げることですが、マレーシア・セパン、ポルトガル・アルガルベでは、周回を重ねる毎に、着実に前進しました。

チームメートのミルは、マレーシアテスト、そして今回のテストと、着実にHonda RC213Vに順応し、マルケス同様、多くのデータをコース上から持ち帰りました。その効果は大きく、2023年型RC213Vの開発プロセスを加速させることに成功しています。こうして20年のMotoGPチャンピオンのミルは、Honda移籍後の初レースを待ちきれない様子です。

今季、LCR Honda CASTROLに移籍したリンスも、今オフは、RC213Vに順応するためのテストを行ってきました。リンスは、これまでMotoGPクラスで5勝を挙げているだけに、RC213Vのパフォーマンス向上に大きな貢献が期待されます。

リンスは2日間で162周をこなし、ニューパーツのテストにも参加しました。今回のテストでは、Repsol Honda Teamのミルとマルケスに続いて15番手。Honda勢3人の差はわずか0.02秒でした。リンスは、開幕に向けてスプリントレースのシミュレーションを行いましたが、マレーシア・セパンテストよりペースは向上し、上位グループに近い走りができました。マレーシア・セパン、そしてアルガルベと着実に前進してきたリンスに、ますます期待が膨らみます。

チームメートの中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、2日間で146ラップをこなし、トップから1.341秒差で20番手でした。ポジション的には満足できるものではありませんが、午後に行ったスプリントレースでは、1分39秒台の好タイムでラップを重ねました。その要因は、マシンのセットアップが前進したことと電子制御の変更でした。前回のマレーシアテストと今回の初日はリアのスピニングに苦しみ、加速、最高速に影響を受けましたが、着実に前進しました。

テストライダーのステファン・ブラドル(Team HRC )も今回のテストでは、さまざまなシャシー、電子制御、そして空力パーツなど、マルケスや他のRC213Vライダーがシーズンを通して向上できるようにサポートしました。


HRC公式Instagramで最新情報をチェック!
https://www.instagram.com/hondaracingcorporation/


Joan Mir
Joan Mir 36
Repsol Honda Team
今日はHondaのマシンに順応し、さらに前進することができました。まだ新しいマシンなので、学ばなければならないことも多く、まだ慣れない部分もあります。しかし、もちろんライダーとしては、もっともっと多くのことを望んでいます。開幕戦では、改善を続けながら、何が可能なのかを確かめたいです

Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
今日は、これまで参加してきた、セパンとアルガルベの計5日間のテストの中で最高のフィーリングでした。ライディングもよかったし、スプリントレースのシミュレーションもできました。長い距離を走ることで、自分のライディングに集中することができたし、改善し続けることができました。リズムも悪くなかったので、ポルトガルGPでさらに努力したいです。いくつかのステップを踏むことができましたが、もっと上を目指したいです。今日、最も重要なことは、最もマシンのフィーリングがよかったということです

Alex Rins
Alex Rins 42
LCR Honda CASTROL
プレシーズンテストを終えて、満足しています。セパンから一歩前進し、ポルティマオでは新しいパーツを使うことで、自分たちの現状を理解することができました。HRCに有益な情報を提供するために、テストに専念してきました。その結果、マシンの状態は改善されました。これはとても重要なことです。すばらしい仕事をしてくれたチーム全員に感謝したいです

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
今回は、2日間にわたって本当に重要なテストが行われました。初日はマシンのフィーリングをつかむのに少し苦労しましたが、今日は朝の走行から大きな前進がありました。マシンのセットアップと電子制御を変更し、大きく改善することができました。一歩一歩、トップグループとの差を縮めています。いい感じで前進しているので、ここで行われるシーズン最初のレースが本当に楽しみです。引き続き、プッシュしていこうと思ってます



投稿日