Race
MotoGP 2021
Round 12

PPスタートのポル・エスパルガロが5位。アレックス・マルケスは8位でフィニッシュ

gb Silverstone Circuit

第12戦イギリスGPは、HondaRC213Vで初のポールポジション(PP)を獲得したポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が、今季ベストの5位でフィニッシュしました。

PPスタートのポル・エスパルガロが5位。アレックス・マルケスは8位でフィニッシュ

PPから好スタートを切ったポル・エスパルガロは、4周目までレースをリードします。5周目にはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)に首位をゆずり2番手へ。6周目にはアプリリアに乗る兄のアレイシ・エスパルガロに抜かれて3番手へと後退します。その後も、アレックス・リンス(スズキ)、ジャック・ミラー(ドゥカティ)にかわされて5番手となりますが、後続へのリードをしっかりキープして、Repsol Honda Teamに移籍してベストリザルトとなる5位でフィニッシュしました。

首位を走りレースの主導権を握った前半は2分00秒台。後半は2分01秒台へとペースを落としましたが、予選では今季初PPを獲得し、決勝では今季ベストリザルトでフィニッシュするなど、成果ある大会となりました。次戦はアラゴンGPはホームGP。今大会の勢いをキープして挑みます。

予選5番手から決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、オープニングラップに他者と接触して転倒、再スタートを試みましたがリタイアに終わりました。今大会は初日から好調な走りを見せました。しかし、金曜日の転倒で目の中に土が入り、病院で処置を受けるなど完ぺきな状態ではありませんでした。復調を感じる大会だっただけに残念な結果ですが、次戦アラゴンGPはマルク・マルケスにとってホームGP。チームメートのポル・エスパルガロとともに好レースを見せる意気込みです。

予選17番手から決勝に挑んだアレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)が8位でフィニッシュしました。後方グリッドから好スタートを切ったアレックス・マルケスは、オープニングラップに11番手につけると、その後も次々と前者をパスして後半には7番手まで浮上します。終盤はブラッド・ビンダー(KTM)、イケル・レクオナ(KTM)、ホアン・ミル(スズキ)とし烈なバトルになり8位でチェッカーを受けました。これで後半戦に入って3戦連続シングルフィニッシュを果たし登り調子をアピールしました。

レースウイークを通じてリアタイヤのパフォーマンスに苦しんだ中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は13位でした。今大会は、フリー走行、予選と苦戦が続き15番グリッドからの決勝となりました。そして決勝では、好スタートから序盤は9番手までポジションを上げますが、後半に入ってリアタイヤの消耗に苦しみ、最終的に13位でチェッカーを受けました。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
レースをとても楽しみました。苦戦しているときは、ずっとこの気持ちを探していました。レースをリードしたときは特別な気持ちでした。今日は一番フィーリングのよかったソフトリアを使いました。しかし表彰台には十分ではありませんでしたし、まだ取り組まなければならないことがあります。とにかくレース中盤まではよかったです。バトルをして、とても楽しかったです。タイヤがいいパフォーマンスをしていたときはリンスとアレイシとのギャップを縮めていました。グリップが落ちても、ギャップをコントロールして、いい結果で週末を終えることができました。全体的にすばらしい週末でした。自分の力を示すことができました。次はこれまでHondaがとても強い走りをしてきたアラゴンへ向かいます

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
今日は自分のレースを誇りに思います。17番手という難しいグリッドからスタートしましたが、いい走りができました。レースでソフトリアを選んだのは正しい選択でした。思ったようなパフォーマンスができ、足りなかったリアグリップを補ってくれました。いいレースができました。次のアラゴンが楽しみです。今週学んだことを次につなげたいです。今回の結果に満足しています。チームを誇りに思います。一生懸命仕事をしてくれた彼らに感謝したいです

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
いいスタートを切り、15番グリッドから、1周か2周目には10番手まで追い上げることができました。最初からかなり快適に走行でき、いいペースがあったので、今日はいいレースができると思いました。しかしレース後半になるとリアタイヤが消耗し、乗りこなすのが非常に難しくなり、終盤に向けてポジションとラップタイムを落としました。最後は13位でフィニッシュするのがやっとでした。13位というのはあまりいい結果ではありませんが、ベストは尽くしました。次のアラゴンが楽しみです

Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
まずはホルヘ・マルティンに謝りたいです。レース後に彼とチームのところに行って謝罪しました。僕のミスでした。あのオーバーテイクは考えが安易でした。レースはときにこのようなことが起こります。今日は僕がミスをしてしまいました。全体的にはかなりいい週末でした。金曜日に大きな転倒はありましたが、多くのセッションで速さがありました。今日はおもしろいレースができるペースがあったので、レースでミスをしてしまい残念でした



投稿日