Qualifying
MotoGP 2021
Round 9

中上貴晶が今季ベストの4番グリッドから決勝に挑む

nl TT Circuit Assen

時折り青空が広がり、終日ドライコンディションで行われたオランダGPの予選。フリー走行で7番手につけた中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が、予選Q2でも快調にラップを刻み、今季ベストの4番グリッドを獲得しました。

中上貴晶が今季ベストの4番グリッドから決勝に挑む

セッション終盤には3番手に浮上して今季初のフロントロー獲得が期待されましたが、最後のアタックでフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ)に0.198秒差で逆転され、惜しくも4番手でした。

8戦を終えて中上の今季ベストリザルトは第4戦スペインGPの4位。このときは5番グリッドから表彰台争いに加わり、3位までわずか0.7秒差というレースでした。今大会は4番グリッドからスタートするだけに、キャリア初の表彰台獲得が期待されます。

初日2番手と今季最も好調なスタートを切ったポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)は、FP3でもタイムを更新し総合3番手でQ2進出を果たしました。そして迎えたQ2では、2度のアタックを敢行しますが、フロントにソフトコンパウンドのタイヤを選択したことで思うようなラップを刻めませんでした。フリー走行でマークした1分32秒641を更新できず、1分32秒830で11番手へと後退。しかし、原因がはっきりしているだけに、決勝日のウォームアップで最後の調整に挑み、今季ベストリザルト獲得に挑みます。

初日のフリー走行で16番手のアレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)は、FP3で15番手へとポジションを一つ上げましたが、Q1からの予選となり16番グリッドとなりました。全体的な仕上がりは悪くありませんが、今大会は一周のアタックで新品タイヤのパフォーマンスを引き出せませんでした。2戦連続でQ2進出は果たせませんでしたが、決勝では追い上げのレースに挑みます。

初日のフリー走行で大きな転倒を喫したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、その影響でリズムに乗れず、初日6番手から15番手へとポジションを落としました。そのためQ1からの予選となり、Q1では徐々にリズムを取り戻しましたが、2回目のアタックで転倒を喫し20番グリッドとなりました。前戦ドイツGPで今季初優勝を達成し、2戦連続の優勝、そして表彰台が期待されたマルク・マルケスですが、厳しいグリッドから追い上げのレースに挑みます。


Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
すばらしい結果を残すことができました。チームに感謝したいです。この数戦、苦戦しましたが、ようやくパルクフェルメに戻ってくることができました。いい気分です。今週末、最も重要なことはいいフィーリングと自信があることです。4番手タイムはすばらしい結果です。明日のレースが楽しみです。上位の選手についていけるようにベストを尽くします。そしてすばらしい結果を持ち帰れるよう全力を尽くします

Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
今日は思っていたような結果を残すことができませんでした。少なくとも前の2列目までには並べるはずでした。しかし、フロントタイヤの選択でミスをしてしまいました。2回ともにソフトを使ったのが間違いでした。これはプレシーズンが短いために起きることで、テストで経験していないために、レースウイークでこのようなミスをすることになります。結果、自分たちを難しい状況に追い込むことになります。今週はずっといい走りをしてきましたが、ここまで後退すると難しいレースになります。とにかくどのようなレースになるか様子をみながらがんばります

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
昨日から前進することはできましたが、レースペースに関しては少し足りません。そして予選では何回もミスをしてしまいました。1周のタイムでは前進しなければなりませんが、全体的には悪くはなかったと思います。一歩一歩着実に前進しています。明日グリップが改善できれば、いいレースができると思います。100%の力を出してがんばります。天気がどうなるか分かりませんが、マシンの仕上がりにはかなり満足しています。明日のレースが楽しみです。スタートからアグレッシブな走りをしたいです

Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
僕の身体が昨日の転倒を覚えていて、すべてが難しくなってしまいました。午前中はいいスタートを切ることができました。FP3とFP4はいいフィーリングを得ることができました。予選では、1本目のタイヤはあまりいいフィーリングがなかったのですが、2本目はいいフィーリングがありました。しかし、フロントから転倒してしまいました。予選でプッシュしているとこのようなことが起こることがあります。今日は思ったようなライディングができませんでした。明日は難しいレースになります。20番グリッドは私たちの求めていたグリッドではありません。後方からのスタートはトリッキーですが、できる限りのことをして、できる限りのことを学びたいと思います。素早いHondaの仕事に感謝しています。昨日のトラクションコントロールの問題に対して解決策を持ってきてくれました。それが役に立ちました。これがHondaです



投稿日