Practice
MotoGP 2021
Round 8

ポル・エスパルガロが5番手、中上貴晶が6番手とQ2ダイレクト進出圏内で初日を終える

de Sachsenring

2年ぶりの開催となった第8戦ドイツGPは、終日青空が広がり、最高気温は33℃まで上昇し、暑い一日となりました。その中でMotoGPクラスは相変わらず厳しい戦いとなり、トップタイムをマークしたミゲル・オリベイラ(KTM)から1秒差に18台がひしめく大接戦となりました。

ポル・エスパルガロが5番手、中上貴晶が6番手とQ2ダイレクト進出圏内で初日を終える

その中でHonda勢は、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が、FP1で4番手、FP2では0.902秒タイムを短縮するも5番手にダウンという厳しさでしたが、総合5番手で初日を終えました。

前戦カタルニアGPで転倒リタイアに終わったポル・エスパルガロは、翌日の公式テストで72ラップをこなし総合6番手。コロナ禍の中でRepsol Honda Teamに移籍しても十分にテストする時間がなかったポル・エスパルガロとしては貴重な一日となり、その成果を今大会のフリー走行につなげました。FP1、FP2ともに転倒を喫しましたが、攻めの走りができるようになってきました。2日目のFP3ではダイレクトでQ2進出を果たし、予選では第5戦フランスGPの8番手をしのぐグリッドを目指します。

ケガからの復帰後、6戦目を迎えるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、大接戦の中で12番手でした。FP1では、第5戦フランスGPのFP3以来となるセッショントップタイムをマーク。本来の走りにまた一歩近づいたことを感じさせました。そして気温が30℃を超えた午後のセッションでは、決勝を想定して、前後にハードタイヤを装着。後半は、リアにミディアムを装着して連続走行をこなしました。ベストタイムでは12番手ですが、連続ラップの内容ではライバルをしのぐもので、復帰してからもっともいい状態でした。FP3、そして予選の走りに注目されます。

この数戦、不運のレースが続き、結果を残せていない中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が6番手で初日を終えました。前戦カタルニアGPは2度のロングラップペナルティーで13位。しかし、翌日に行われた公式テストでは、セットアップを進めて23台中3番手と好調な走りを見せました。ドイツGPの初日はカタルニアテストで好感触だったセットアップを確認する重要な一日となりました。土曜日のFP3ではダイレクトでQ2進出を果たし、予選では第4戦スペインGPの5位以上を目指します。

アレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)は、13番手とまずまずのスタートを切りました。今年はフリー走行で、連続周回では好タイムをマークするも新品タイヤのアタックでタイムを更新できず苦戦してきました。今大会は、RC213Vで初めて走るザクセンリンクを着実に攻略しました。前戦カタルニアGP後のテストでエアロパーツなどニューパーツのテストを行い、今大会を迎えました。この日は、Honda勢全体が、テストの成果を感じさせる一日となりました。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
今は、限界を探っているわけではなく、今日の転倒は予定外でした。転倒の原因を知りたいのですが、3コーナーで問題が出て、2度も転倒してしまいました。一周のタイムはかなりいいと思いますが、転倒したことで、思っていたよりロングランをこなすことができませんでした。正直、今日は少し複雑な日になりましたが、スピードはあります。明日は転倒せず、もっとうまくコントロールできるようにしたいです。スムーズに進むことを願っています。マシンはこのサーキットではうまく機能しています

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
今日はとてもいいスタートを切ることができました。FP1は3番手。そしてFP2ではトップ6に入ることができました。マシンのフィーリングはいいですし、すでにいいペースがあります。セクター1は思うようにタイムが出せていないので改善しなければなりませんが、全体的にはいい一日になりました。明日はセクター1の改善に集中します。そこが改善できたらトップ3に入れるチャンスがあると思います。これが明日の目標です。明日の予選セッションが楽しみです

Marc Márquez
Marc Márquez 93
Repsol Honda Team
ここでは、体力的な制約が少なくなっています。正直、全く問題がないことを期待していましたが、まだベストのライディングができていません。今はうまくコントロールして、いいペースがありますが、明日はライディングスタイルに取り組みたいと思います。今日は最後に新品タイヤは使いませんでした。新品タイヤを入れて走るだけのエネルギーがないとチームに話しました。このサーキットではマシンがうまく機能しているので、いろいろなことを理解しようと取り組みました。ペースはいいですが、まだベストではありません

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
正直、今日の仕事には満足しています。このサーキットをMotoGPのマシンで走るのは初めてですが、楽しかったです。これは最も重要なことです。いろいろ改善できるように取り組むことができました。ユーズドタイヤでも前進しなければなりませんが、悪くはありません。まだやらなければならない仕事がたくさんあります。もっと理解しなければならないこともたくさんあります。今日は新しいエアロダイナミクスがかなりうまく機能していました。マシンはよく機能しています。グリップの問題もまだ残っていますが、モンメロ(バルセロナ)よりもうまくコントロールできていると思います。今週末は直接Q2へ進むことを目標にしていますが、とても接近しているので厳しい戦いになります。でもこのサーキットならばできると思います



投稿日