Race
MotoGP 2021
Round 1

ポル・エスパルガロ、Repsol Honda Teamのデビュー戦を8位でフィニッシュ

qa Losail International Circuit

2021年の開幕戦カタールGPは、21台が出場して決勝を行い、予選12番手からスタートしたポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が8位でフィニッシュしました。

ポル・エスパルガロ、Repsol Honda Teamのデビュー戦を8位でフィニッシュ

オープニングラップはグリッドと同じ12番手。しかし、大きなグループが形成され、なかなかポジションを上げていくことができませんでした。その後、後半になり、ばらけた展開になってからは自分のペースをつかみ、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ミゲル・オリベイラ(KTM)、ホルヘ・マルティン(KTM)、ジャック・ミラー(ドゥカティ)を次々にパスして8位でフィニッシュしました。初レースを終えて、RC213Vの攻略で大きく前進したと語るポル・エスパルガロ。連戦となる第2戦ドーハGPではトップグループでの戦いを目指します。

右腕上腕を骨折し、現在治療とリハビリ、そして復帰に向けてトレーニングを続けているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)の代役として出場したステファン・ブラドルが11位でチェッカーを受けました。予選17番手からオープニングラップに13番手へとポジションを上げ、最終的に11位でフィニッシュしました。RC213Vの開発を担当するブラドル。厳しいレースでしたが今大会もしっかり走り抜き、多くのデータを収集することに成功しました。

Repsol Honda TeamからLCR Honda CASTROLに移籍して最初のレースとなったアレックス・マルケスは、予選16番手から大混戦の大集団の中で14番手までポジションを上げますが14周目に転倒しリタイアに終わりました。チームメートで11番グリッドから決勝に挑んだ中上貴晶(LCR Honda idemitsu)も混戦の中で自分のリズムをつかめず7周目に痛恨の転倒を喫しました。しかし、アレックス・マルケス、中上ともに、昨年は2週連続のレースで強さを見せているだけに、連戦となる第2戦ドーハGPの巻き返しに期待されます。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
2つのグループに分かれてしまうレースでした。スタートはあまりうまくいきませんでした。そして、自分のペースをつかむのにも時間がかかりすぎてしまい、貴重な時間を無駄にしてしまいました。レース中盤は、速いライダーのひとりになれたと思います。これはとてもうれしいことですが怒りも感じます。なぜならもっといい走りができたと思うからです。でも、まだ最初のレースです。レースは転倒せず完走しなければなりません。今日はたくさんのインフォメーションを集めることができました。来週末はもっとポテンシャルを発揮できるようにがんばります。

Stefan Bradl
Stefan Bradl 6
Repsol Honda Team
最初のレースはうまくいきました。うれしいです。今回は予選がうまくいかなかったので、少し苦戦しましたが、決勝はうまく走ることができて、たくさんバトルをしました。序盤はフロントタイヤを少し温存しすぎたかもしれません。ポル(エスパルガロ)の方がアグレッシブで、彼について行けばよかったかもしれません。でもリスクを負うよりも、マシンを持って帰れるほうがいいと思いました。もしかしたら、ポルについていけたかもしれません。それができればよかったかもしれませんが、今日の結果には満足しています。

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
今日はポジティブな日にはなりませんでした。チームや一生懸命仕事をしてくれたみんなに申し訳ないと思っています。正直、最悪のスタートでした。1コーナーでかなりタイムを落としてしまい、リアがペトルッチ(KTM)と接触しました。そのあと集団に入り、オーバーテイクを試みましたが、難しい状況でした。単独走行ではとてもいいリズムも刻めましたが、前のライダーに追いついても、オーバーテイクが難しい状況でした。小さなミスでレースが終わってしまったので、チームにとても申し訳ないと思っています。でも、いい形になってきているし、いい仕事をしています。来週は状況を変えるいいチャンスです。そしてもっといい走りをしたいです。

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
完走できずうれしくありません。あまり話すことはありません。一生懸命仕事に取り組み、昨日は大きく前進し、今日のレースへ向けて自信があったので、チームには本当に申し訳ないと思っています。ミスをしていないかは確かではありません。データには不思議なフィーリングは表れていませんでした。とにかく9コーナーの転倒で何があったのか理解しなければなりません。幸い僕は無事です。次のカタールラウンドまでに数日の休みがあって準備ができます。チーム全体に謝罪したいです。でも強くならなければりませんし、次のラウンドのことを考えなければなりません。



投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.