Practice
MotoGP 2021
Round 17

ポル・エスパルガロ5番手、アレックス・マルケス7番手、中上貴晶9番手とHonda勢3選手が初日をトップ10で終える。

pt Autódromo Internacional do Algarve

第17戦アルガルベGPのフリー走行は、終日、青空が広がる絶好のコンディションとなり、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が5番手、アレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)が7番手、中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が9番手とHondaのレギュラー勢3選手がトップ10で初日を終えました。トレーニング中のケガのため今大会を欠場したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)の代役として出場のステファン・ブラドルは18番手でした。

ポル・エスパルガロ5番手、アレックス・マルケス7番手、中上貴晶9番手とHonda勢3選手が初日をトップ10で終える。

FP1で7番手につけたポル・エスパルガロは、気温も路面温度もやや上昇して、気温20℃、路面温度28℃の中で行われたFP2では、約1秒タイムを短縮して5番手に浮上しました。連続ラップでも1分41秒から40秒台へと確実にペースを上げて、終盤のアタックでは1分39秒792をマーク。トップタイムをマークしたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)と0.402秒差の5番手でした。今大会もトップから1秒差に15台という接戦となりましたが、2日目のFP3ではダイレクトでQ2進出を目指し、今季2回目のフロントローとPPを狙います。

アレックス・マルケスが好調なスタートを切りました。FP1は11番手でしたが、FP2では連続ラップのアベレージを一気に上げ、セッション終盤には新品タイヤで1分40秒042をマーク、7番手へとポジションを上げました。今シーズンは、新品タイヤのパフォーマンスをうまく発揮できず、予選結果が悪いため決勝レースを厳しいものにしてきましたが、今大会は新品タイヤでのアタックを成功させました。さらに1分40秒台で連続ラップをこなすなど、トップグループに負けず劣らずの好走でした。土曜日のFP3では今季2回目のQ2進出とベストグリッドを目指します。

チームメートの中上貴晶は、FP1は汚れた路面コンディションの中で慎重にタイムを短縮して12番手でしたが、FP2では9番手までポジションを上げました。中上は4月に同会場で行われたポルトガルGPでは、フリー走行の転倒による影響で21番手グリッドとなり、決勝では追い上げたものの10位がやっとでした。今大会は、その苦い経験から路面コンディションの回復に合わせ、着実にタイムを上げました。FP3ではトップ10をキープしてダイレクトにQ2進出を目指し、予選では今季初のフロントローを目標に上位を目指します。


Pol Espargaro
Pol Espargaro 44
Repsol Honda Team
コンディションがあまりよくありませんでした。グリップがあまりなくて、正直なところ苦戦しました。こうした状況の中で、最大限の力を発揮できるようにマシンのセッティングに取り組み、シーズンの前半に比べて前進したことを示せたと思います。初めてこのサーキットを走ったときに比べたら、すばらしい進歩だと思います。かなりいいタイムを刻むことができました。ポジションも悪くありません。しかし、現状に満足はしていないし、まだやらなければならないことはあります。特にハードタイヤに取り組まなければなりません。直接Q2へ進むのは簡単ではありませんが、ポテンシャルはあります

Alex Márquez
Alex Márquez 73
LCR Honda CASTROL
とてもいい日になりました。2021年のシーズン序盤にポルティマオで走行していますが、そのときもいいレースができました。今日はFP1からいいペースで走ることができました。トップ5からトップ7で安定して走行できたのはとてもよかったです。この調子でがんばっていかなければなりません。まだ金曜日です。やらなければならないことはまだたくさんあります。明日はポジティブに取り組まなければなりません。午前中のFP3でQ2へ進めるかどうかがカギを握ります。明日も前進できるようにがんばります。今日はすばらしい仕事をしてくれたチームにとても満足しています

Takaaki Nakagami
Takaaki Nakagami 30
LCR Honda IDEMITSU
いい一日でした。FP1は少し路面が汚れていて、かなり難しいコンディションでしたが、FP2はコンディションがよくなり、ラップタイムとマシンのフィーリングも向上しました。マシンの最適なバランスを見つける必要がありますが、全体的なフィーリングはとてもいいので、引き続き前進できるようにがんばります。予選が楽しみです

Stefan Bradl
Stefan Bradl 6
Repsol Honda Team
今日は全体的にいい仕事ができました。細かい部分にも取り組み始めることができたので今日の結果には満足しています。1年中レースをしているライダーたちと比べたら、まずまずのタイムだと思います。自分のレベルをよく表していると思います。FP2の最後にソフトタイヤを使いましたが、あまり役に立ちませんでした。引き続き仕事に取り組みます。このサーキットでポルとアレックス、そしてタカがいい走りをしているのはすばらしいことです。みんな上位でがんばっています



投稿日