Practice
Moto3 2021
Round 6

Honda NSF250RW勢がトップ3を独占し好調な滑り出しをみせる

it Autodromo del Mugello

Moto3クラスはHonda勢が好調な走りをみせました。NSF250RWがトップ3を独占、6台がトップ10に名前を連ねました。

Honda NSF250RW勢がトップ3を独占し好調な滑り出しをみせる

トップタイムをマークしたのはダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)でFP1は5番手でしたが、FP2で1.933秒タイムを短縮してトップに浮上しました。2番手にデニス・フォッジャ(Leopard Racing)、3番手にジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)と続き、トップ3につけたHonda勢3選手のタイム差はわずか0.281秒でした。

5番手にガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)、6番手に鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、そして総合3位につけるアンドレア・ミニョ(Rivacold Snipers Team)が9番手でした。

前戦フランスGPで初ポイントを獲得し、今大会もポイント獲得とベストリザルトに挑むアンディ・ファリド・イズディハール(Honda Team Asia)は、トップから1.693秒差で24番手でした。ムジェロを初めて走行するイズディハールは、FP1では2分00秒098で20番手、FP2では1.744秒タイムを短縮する1分58秒354をマークしましたが、ポジションは24番手へとダウンする厳しい戦いでした。

前戦フランスGPで左鎖骨を骨折し今大会欠場の國井勇輝(Honda Team Asia)の代役として出場の松山拓磨は、初めて経験するムジェロに苦戦し、1分59秒481で30番手。2日目のFP3ではタイム短縮とポジションアップに挑みます。


Darryn Binder
Darryn Binder 40
Petronas Sprinta Racing
今日の仕事にはとても満足しています。午前中のFP1からいい走りができました。そして午後のFP2でトップタイムをマークすることができました。金曜日にトップタイムで終えられてうれしいです。マシンはとても快適です。とても満足しています。あとは小さな部分に取り組むだけです。明日も同じような走りができることを願っています。FP3ではリアタイヤの選択に取り組む予定です。今のところどちらのタイヤも快適なので、レースではどちらのタイヤの方がいいか考えなくてはいけません。ムジェロに戻ってくることができてとてもうれしいです。昨年はこのサーキットで走ることはできませんでしたからね

Dennis Foggia
Dennis Foggia 7
Leopard Racing
マシンの調子はよかったです。ムジェロは好きなサーキットなので、明日もプッシュしてすばらしい予選セッションにしたいです

John McPhee
John McPhee 17
Petronas Sprinta Racing
今日の結果にはとても満足しています。FP1はこのサーキットを走れることがとても楽しくて、ずっと笑っていました。そのおかげで速くなれたのだと思います。FP1はリズムをつかみ、自分のペースで走ることに取り組みました。FP2はレースへ向けて準備を進め、そのあとタイムアタックに挑戦しました。3周連続で同じラップタイムで走行できたのでとても満足しています。FP3ではFP2よりも速く走れるチャンスがあるかもしれないので、最後にまたタイムアタックをします。それまではレースへ向けて仕事に取り組めると思います

Andi Farid Izdihar
Andi Farid Izdihar 19
Honda Team Asia
ムジェロを走るのは初めてですが、とても興奮しました。両セッションともに楽しむことができました。明日も一歩一歩前進したいと思います。今日はたくさん周回しました。これが今日の目標でした。ラップタイムはQ2に進むにはまだ十分ではありませんが、明日もチャンスがあります。目標はこのサーキットを攻略するためになるべくたくさん走り、レースへ向けて仕事をすることです

Takuma Matsuyama
Takuma Matsuyama 32
Honda Team Asia
世界で最もエキサイティングなサーキットの一つであるムジェロを走ることができてとてもうれしいです。コースは複雑で攻略するためにたくさん走行しなければなりません。ラップタイムは思ったほどよくはありませんが、2週間前のル・マンで4回転倒しているので、今週末は転倒せず着実に前進したいです。そして、ライディングを楽しみたいです



投稿日