Race
Moto3 2021
Round 2

ダリン・ビンダーが2戦連続の表彰台を獲得。 國井勇輝は初ポイントをゲット

qa Losail International Circuit

フリー走行でトップから1秒差に23台の大激戦となっているMoto3クラスは、決勝でも厳しい戦いとなりました。スタートからゴールまで20台前後に膨れあがったトップグループは、スリップストリームを使い合いながら目まぐるしくポジションを入れ替えます。まさに、誰が勝つか分からないレースとなり、開幕戦カタールGPで3位になったダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)が2戦連続表彰台に立ちました。

ダリン・ビンダーが2戦連続の表彰台を獲得。 國井勇輝は初ポイントをゲット

表彰台には立てませんでしたが、前戦カタールGPで転倒リタイアに終わっているアンドレア・ミニョ(Rivacold Snipers Team)が僅差の4位。予選5番手も、他者のペナルティーで4番グリッドから決勝に挑むことになった鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は、序盤トップにつけますが、その後、次第にペースを落とし12位でした。

ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が13位。Honda Team Asiaの國井勇輝が15位で初ポイントを獲得しました。開幕戦カタールGPからセットアップを進めてきた成果をやっと発揮。優勝した選手から国井までが2.260秒差という大接戦に加わり、大きな成長を感じさせました。次戦ポルトガルGPではさらに上位を目指します。

チームメートのアンディ・ファリド・イズディハール(Honda Team Asia)は22位。ポイントを獲得することができませんでした。


Darryn Binder
Darryn Binder 40
Petronas Sprinta Racing
とてもクレイジーなレースでした。序盤は集団の前の方にいて、とても快適に走行していました。トップグループが小さいと思っていましたが、すぐにそうではないことに気付きました。最終ラップは、(ペドロ)アコスタにしかけようとしましたが、うまく行きませんでした。それでも2回連続して表彰台を獲得することができました。マシンは非常によくて、チームに感謝してもしきれません。これほどいいフィーリングがあったことはありません。すべてのセッションで強さを感じました。ポルトガルへ行って次のレースが始まるのが楽しみです。

Yuki Kunii
Yuki Kunii 92
Honda Team Asia
初めてポイントを獲得できてとてもうれしいです。レース前は、十分なペースがないので不安でしたが、ベストなレースができました。常に大きな集団の中にいましたが、ペースが足りなかったので彼らについて行くのはたいへんでした。できる限り楽しみ、戦おうと思いました。次戦以降も、まずは、ポイント獲得を目標に戦います。レースウイークを通してストレスがあったので、落ち着かなければなりません。今週末は重要なレッスンになりました。

Andi Farid Izdihar
Andi Farid Izdihar 19
Honda Team Asia
レース中はいいフィーリングがありませんでした。昨日はたくさん問題があり、合計で8周しか走ることができませんでした。ウォームアップで、昨日の分を取り戻そうとがんばりましたが、できませんでした。スタートはよかったです。何周かトップグループの中にいました。でもかなり苦戦しました。ほかのライダーたちと戦う力がありませんでした。でも、まだMoto3クラス2回目のレースです。ポルティマオのレースのことを考えながら引き続き仕事に取り組みます。



投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.