Race
Moto3 2024
Round 7

古里はすばらしいパフォーマンスを披露するも、ムジェロの表彰台に一歩及ばず

it Autodromo Internazionale del Mugello

6月2日(日)、ロードレース世界選手権(MotoGP)第7戦イタリアGPのMoto3クラスの決勝がムジェロ・サーキットで行われ、Honda Team Asiaのライダーたちは完走を果たしました。

古里はすばらしいパフォーマンスを披露するも、ムジェロの表彰台に一歩及ばず

古里太陽(Honda Team Asia)は、いくつかの場面でレースをリードするすばらしいパフォーマンスを披露し、レース終盤まで表彰台を争った末に4位を獲得しました。チームメートのタットチャコーン・ブーシュリはレースを通してポイント圏内で争い、22位でフィニッシュしました。


HRC公式Instagramで最新情報をチェック!
https://www.instagram.com/hondaracingcorporation/


Hiroshi Aoyama
Hiroshi Aoyama
Honda Team Asia
チャレンジングなムジェロでのレースが終わりました。古里選手は卓越したスタートを決め、一気にポジションを上げることに成功しました。ほかのライダーが巻き込まれるクラッシュによってレースは赤旗中断となりましたが、再スタート後も彼の勢いが衰えることはありませんでした。その後も、古里選手は激しい表彰台争いを繰り広げ、さまざまな場面でトップに躍り出ました。彼のパフォーマンスは傑出していましたが、残念ながら前の選手とのギャップを縮められず、最終的に4位でレースを終えました。
ブーシュリ選手は今日のレースでベストを尽くしました。しかし、先行するライダーとのギャップを縮め、ポイント圏内でゴールするにはもう一歩前進する必要があります。彼は努力し続けているので、必ず成長できると私たちは確信しています。そしてチームも、近い将来に彼がさらに結果を残せるようサポートを続けます。私たちは改善すべき主な部分を分析し、今後のレースでよりよい結果を出すことに引き続き注力していきます

Taiyo Furusato
Taiyo Furusato 72
Honda Team Asia
今日の結果は悪くはありませんでしたが、正直にいえば少しがっかりしています。私たちはレース序盤からとても好調で、もっといい結果をもたらすことができたはずだったからです。表彰台まであと一歩のところで戦いながらゴールすることは容易ではありませんでしたが、最後までベストを尽くました。
今日のレースでは本当にスタートがうまく決まりました。レースが中断され再スタートした後も、パフォーマンスの低下はありませんでした。レース終盤はトップライダーを捕らえることができず、ギャップを広げられてしまいましたが、私たちが正しい方向に進んでいることは間違いありません。この勢いをキープして、次のアッセンではもっといいレースをしたいと考えています

Tatchakorn Buasri
Tatchakorn Buasri 5
Honda Team Asia
ムジェロ・サーキットでのチャレンジングなレースが終わりました。私はグループの中で戦っていて、いいポジションで走っていました。しかし、目の前で転倒した選手とのクラッシュを避けようとしたために、先行している選手たちとの差が広がってしまいました。その後は、彼らを捉えることがとても難しくなりました。
私はあきらめずにグループとのギャップを縮めようと努力しましたが、ほかのライダーに進路をふさがれてペースを落としてしまい、再びグループに追いつくことはできませんでした。次戦のアッセンではもっといい結果が残せると期待しています。私たちは次の挑戦に向けてハードワークを続け、準備万端の状態でアッセンに臨みます



投稿日