Practice
Moto3 2021
Round 17

デニス・フォッジャが首位と僅差の2番手で初日を終える

pt Algarve International Circuit

前戦エミリア=ロマーニャGPに続き、今大会もペドロ・アコスタ(KTM)がタイトルに王手をかけて大会を迎えていますが、総合2位で逆転チャンピオンに闘志を燃やすデニス・フォッジャ(Leopard Racing)がFP1でトップタイム、FP2で2番手と好調なスタートを切りました。総合首位のアコスタ(KTM)は4番手でした。

デニス・フォッジャが首位と僅差の2番手で初日を終える

初日2番手のフォッジャは、タイトル争いが大詰めを迎えてからの過去4戦で3勝(通算5勝)を挙げており、最終戦決着に持ち込むためにも今季6勝目を目指します。土曜日の予選では、今季6回目のフロントロー獲得に挑みます。

ダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)が12番手。アンドレア・ミニョ(Rivacold Snipers Team)が15番手。以下、グリップの悪い路面にHonda勢は苦戦しました。

Honda Team Asiaのアンディ・ファリド・イズディハールもグリップ不足に苦しんで26番手、チームメートの国井勇輝(Honda Team Asia)は28番手。2日目のFP3ではタイム短縮とQ2進出を目指します。


Dennis Foggia
Dennis Foggia 7
Leopard Racing
とてもポジティブな金曜日でした。マシンのフィーリングはよく、すばらしいパフォーマンスを見せることができました。明日も引き続きプッシュし、できる限りいいグリッドポジションを獲得したいと思います。日曜日が楽しみです

Andi Farid Izdihar
Andi Farid Izdihar 19
Honda Team Asia
4月のポルトガルGPのときと路面のコンディションが違い、FP1ではタイヤのグリップ不足を感じ、うまく走ることができませんでした。周回を重ねるごとに、改善を進められたのですが、まだ十分ではありません。しかし、よくなってきています。FP2は出だしは良かったのですが、新しいタイヤで単独で走ったときにタイムを出せませんでした。改善の余地はまだ多くあるので、FP3ではいいフィーリングにしたいです

Yuki Kunii
Yuki Kunii 92
Honda Team Asia
今日はとても難しい一日になりました。FP1では走りをうまくまとめることができませんでした。自信を持てず、いいタイムも出せませんでした。FP2は、天候が変わり、強い風が吹くようになりました。いいフィーリングがあったので、序盤からプッシュしようとしたのですが、感じていたフィーリング通りに走ることができませんでした。コース上では、速いライダーを追走するために多くのライダーが待っている状態でしたので、単独で走ることに切り替えました。今日の順位にはがっかりしています。いくつかの変更を加えて、明日はもっと速く走れるようにします



投稿日