Race
Moto3 2021
Round 6

デニス・フォッジャが今シーズン初優勝

it Autodromo del Mugello

Moto3クラスは、大集団での優勝争いとなり、デニス・フォッジャ(Leopard Racing)が今季初優勝を達成しました。フォッジャは、初日のフリー走行で2番手、予選で4番手と大接戦の中で好調な走りをみせてきました。決勝でも大集団の中で積極的に前に出て優勝を達成しました。

デニス・フォッジャが今シーズン初優勝

そのフォッジャとし烈な戦いを繰り広げたガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が今季初表彰台獲得の3位でフィニッシュしました。チームのホームGPで気合が入るロドリゴは、予選では今季初のフロントローとなる3番手を獲得、決勝でもフリー走行、予選の走りを再現しました。

予選16番手のダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)が大集団の中で5位フィニッシュ。今季2回目のポールポジションを獲得した鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は中盤までは集団の前で積極的な走りをみせましたが、終盤はペースが上がらず10位。前戦フランスGPから2戦連続表彰台を目指したフィリップ・サラク(Rivacold Snipers Team)は11位、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が15位でポイントを獲得しました。

前戦フランスGPから2戦連続ポイント獲得を目指したアンディ・ファリド・イズディハール(Honda Team Asia)は、トップグループに加われず21位。ケガで欠場の國井勇輝(Honda Team Asia)の代役として出場の松山拓磨は、イズディハールに続いて22位でした。

今大会では、Moto3クラスに出場するジェイスン・デュパスキエ選手が予選でのアクシデントによって逝去されました。デュパスキエ選手とご家族、ご友人に深く哀悼の意を表します。


Dennis Foggia
Dennis Foggia 7
Leopard Racing
とても勝ちたかったので、今日は最高のレースになりました。このサーキットはとても好きです。楽しかったです。チームにとても感謝しています。デュパスキエ選手の家族にお悔やみを申し上げます

Gabriel Rodrigo
Gabriel Rodrigo 2
Indonesian Racing Gresini Moto3
ジェイスンが亡くなり、とても悲しい日に初めて表彰台に上がり、複雑な気持ちです。この表彰台はジェイスンとファウスト(グレシーニ)、サーキットに来ていたファウストの家族、そして2年前に亡くなった弟のJuanに捧げます。この2年間は難しいシーズンでした。僕がこれまでたくさんミスをしてきたにもかかわらず、常にサポートしてくれました。今日はチームのための表彰台でもあります

Andi Farid Izdihar
Andi Farid Izdihar 19
Honda Team Asia
今朝のウォームアップでは、いいラップタイムで走ることができました。フィーリングもよかったのですが、レースではうまく走れませんでした。序盤は特に駄目でした。毎周プッシュしたのですが、フィーリングはよくなりませんでした。プッシュし続けたことでミスもありました。これも将来に向けての経験だと思いたいです。次のカタロニアのレースに集中します

Takuma Matsuyama
Takuma Matsuyama 32
Honda Team Asia
今日の結果には満足できません。期待していたパフォーマンスをみせることができませんでした。ポジティブなことは、将来に向けて経験を積み重ねることができたということです。次戦カタルニアは、ワイルドカードでの出場になりますが、次のレースに集中したいです



投稿日