Moto3

【2020シーズン総集編】トニ・アルボリーノ総合2位、 小椋藍総合3位でシーズンを締めくくる

Moto3クラスの開幕戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が迫る中、3月8日にカタールで行われた。MotoGPクラスの走行は中止となり、Moto2クラスとMoto3クラスのみの開催だった。Honda Team Asiaの小椋藍は、5番グリッドから決勝をスタートすると3位表彰台を獲得。幸先のよいスタートを切った。

【2020シーズン総集編】トニ・アルボリーノ総合2位、 小椋藍総合3位でシーズンを締めくくる

開幕戦後、欧州でロックダウンなどが行われたため、レーススケジュールが大幅に変更され、7月19日の第2戦からシーズンが再開された。小椋は決勝を2位でフィニッシュし、開幕から2戦連続で表彰台を獲得。Rivacold Snipers Teamのトニ・アルボリーノが3位表彰台を獲得した。

第3戦は1週間後に同じくヘレスで開催。予選をトップ通過したSIC58 Squadra Corseの鈴木竜生がポール・トゥ・ウインを果たしシーズン初優勝。開幕から3戦連続で日本人選手が表彰台に登壇した。

チェコに舞台を移して行われた第4戦では、Leopard Racingのデニス・フォッジャがキャリア初優勝を達成。小椋は3位でフィニッシュし、シーズン3度目の表彰台登壇を果たした。

オーストリアでの2戦目となる第6戦では、アルボリーノが4番グリッドからスタートして2位でフィニッシュ。小椋は3位でフィニッシュし、早くもシーズン4度目の表彰台登壇を果たした。

第7戦はミサノに舞台を移して開催。決勝ではPetronas Sprinta Racingのジョン・マクフィーが優勝、小椋が2位、鈴木が3位となり、Honda勢が表彰台を独占した。


小椋藍(第7戦)
小椋藍(第7戦)

1週間後には同じくミサノで第8戦が開催された。予選12番手(11番グリッド)からスタートした小椋は追い上げのレースで3位フィニッシュ。第6戦から3戦連続の表彰台登壇を果たした。

3連戦3戦目の第9戦はスペインで開催。アルボリーノが2位でフィニッシュしシーズン3回目の表彰台、フォッジャが3位でフィニッシュしシーズン2回目の表彰台を獲得した。アルボリーノは第10戦も2位でフィニッシュし、2戦連続での2位表彰台獲得となった。


トニ・アルボリーノ(第9戦)
トニ・アルボリーノ(第9戦)

アラゴンで行われた第11戦では、Leopard Racingのハウメ・マシアがシーズン初優勝を達成。この優勝でマシアは、Hondaマシンでグランプリ優勝を果たした100人目のライダーとなった。

マシアは1週間後に同じくアラゴンで行われた第12戦でも好調を維持。7番グリッドからスタートし、熾烈なトップ争いを制して2連勝を果たした。この勝利でHondaはロードレース世界選手権での通算800勝を達成。マシアは800勝目のライダーとして歴史にその名を刻んだ。

シーズンは残り3戦。バレンシア2連戦の1戦目となる第13戦で、Estrella Galicia 0,0のセルジオ・ガルシアがシーズン自己最高の2位表彰台を獲得。小椋は3位表彰台を獲得し、ポイントランキング2位をキープしながら、ポイントリーダーとの点差を3点まで縮めた。

1週間後に同じくバレンシアで行われた第14戦では、今シーズン2位を3回獲得しているアルボリーノがシーズン初優勝。ポイントランキングで3位に浮上した。また、ガルシアが2戦連続で2位表彰台を獲得し、Honda勢が1-2フィニッシュとなった。

シーズン最終戦は11月22日にポルトガルで開催された。フォッジャが2位表彰台を獲得し、Kömmerling Gresini Moto3のジェレミー・アルコバがシーズン自己最高位の3位表彰台を獲得。アルボリーノは5位でフィニッシュしポイントランキング2位でシーズンを終え、8位でフィニッシュした小椋はアルボリーノと同ポイントのポイントランキング3位でシーズンを終えた。小椋は2021年シーズンからMoto2クラスにステップアップして戦う。




Points

順位 No. ライダー マシン 総合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
175A.アレナスKTM1742525-202511-13-16913-134
214トニ・アルボリーノ

Honda

170116689201052020-6132511
379小椋藍

Honda

1701620-161316201657271688
425R.フェルナンデスKTM159610101078-1039164251625
513C.ヴィエッティKTM1460111631125-20825711009
65ハウメ・マシア

Honda

140136--2029119132525-7-
717ジョン・マクフィー

Honda

13120-201116-256--1110-57
840D.ビンダーKTM122-01341010--25-208111110
911セルジオ・ガルシア

Honda

90508006001350-202013
107デニス・フォッジャ

Honda

897--25057-16360-020
1152ジェレミー・アルコバ

Honda

8791992-1330-1018616
1224鈴木竜生

Honda

8311825-6916---8----
132ガブリエル・ロドリゴ

Honda

8010911051311468-21-0
1455R.フェナティハスクバーナ7703470082510-130340
1516A.ミニョKTM60013024368-11-0490
1671佐々木歩夢KTM5205-03--2010320603
1753D.オンジュKTM5040-18-09-0192106
1827鳥羽海渡KTM4120550-070-516--1
1923ニッコロ・アントネッリ

Honda

40-711300507-00-25
2082S.ネパKTM38042617212100930
2112フィリップ・サラク

Honda

308--0-40044037--
2299C.タタイKTM260-300010-6401002
2321A.ロペスハスクバーナ2132--00--11-05---
246山中琉聖

Honda

14007001401000010
2554R.ロッシKTM100-0-0-30020-500
2670B.バルテュスKTM0-000-0000000000
2792國井勇輝

Honda

00-0-00000000000
2850J.デュパスキエKTM0000000000000000
299D.ピッツォーリKTM000-00000--00000
3073M.コフラーKTM0000-000000-00-0
3131エイドリアン・フェルナンデス

Honda

0--------------0
3289カイルール・イダム・パウィ

Honda

00000--0000000-0
3360D.ガイガーKTM00--------------

順位 マシン 総合 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
1Honda326202025252020251620202525202520
2KTM31825251620252562025252020251625
3ハスクバーナ863347--82511-13534-

投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.