IA2 ヒート3
IA2 2022
Round 1

Honda勢では鈴村英喜が総合4位、柳瀬大河が同5位で初戦を終える

jp HSR九州
Honda勢では鈴村英喜が総合4位、柳瀬大河が同5位で初戦を終える

●IA2 ヒート1

今大会のIA2では決勝(15分+1周)3ヒート制が実施されました。スタート直後、鈴村英喜(TEAM HAMMER ホンダ学園)が3番手の好位置を確保。一方、予選で鋭い走りをみせて活躍が期待された柳瀬大河(Bells Racing)は大きく出遅れ、1周目を10番手でクリアしました。鈴村は、1周目途中で4番手に後退したものの、2周目に2番手の福村鎌(スズキ)が後退したことから、3番手に返り咲きました。 

レース中盤、鈴村は中島漱也(ヤマハ)と3番手争いを展開。粘りをみせるも、6周目途中で中島に先行されました。するとその背後には、後方から追い上げてきた柳瀬が接近。次周、柳瀬が鈴村を抜きました。しかし、柳瀬がトップ3に近づくよりも前に、8周でレースは終了。これにより柳瀬は4位、鈴村は5位となりました。 

●IA2 ヒート2

柳瀬は好スタートを決めて2番手からレースに臨むと、ジェイ・ウィルソン(ヤマハ)の先行を許して3番手で1周目をクリア。その背後には鈴村が続きました。2~3周目にかけ、柳瀬は2番手の小川孝平(ヤマハ)から4秒ほど遅れて周回。鈴村は、柳瀬の2~3秒後方でマークを続けていましたが、4周目には中島にパスされてしまいました。 

鈴村はここからペースダウンして単独走行状態に。一方で柳瀬は、5周目と6周目にミスでラップタイムを落とした小川に近づき、7周目には小川と柳瀬と中島の3台による僅差の2番手争いがスタートしました。そして迎えた最終ラップの8周目、中島に抜かれた柳瀬が再逆転を試みて転倒。これで鈴村が先行し、鈴村が4位、柳瀬が5位でした。 

●IA2 ヒート3

スタートで出遅れた鈴村が6番手、柳瀬が9番手でオープニングラップをクリア。それでも鈴村は、2周目に眞野凌輔(スズキ)と福村鎌(スズキ)をパスして、4番手まで浮上しました。一方の柳瀬はペースが上がらず、2周目も9番手をキープ。3周目に米田海斗(ヤマハ)を抜いて、8番手に浮上しました。 

レース中盤、4番手の鈴村は安定したラップタイムを刻み、2番手争いを繰り広げている2台が3秒ほど前方に見えている状態。終盤にかけてその差をやや削り、ラスト2周の段階では小川を僅差で追う3番手の中島まで1.5秒ほどに迫りました。しかしバトルに持ち込むには至らず、鈴村は4位でゴール。柳瀬は7位でフィニッシュしています。


柳瀬 大河
柳瀬 大河 10
Bells Racing
ヒート1は、スタート前にホールショットデバイス【フロントフォークを縮めた状態で固定し、スタート時のウイリーを抑制する装置】がうまくセットできず、デバイスなしでスタートに臨んで出遅れてしまいました。序盤でトップ3に逃げられてしまったのが痛かったです。ヒート2は、非常にいい位置を走れていたのですが、中島漱也選手に抜かれてしまい、再逆転に向けてプッシュしようとしたところで、前後タイヤが別々のワダチに入ってしまい転びました。ヒート3は、自分のミスでスタートに失敗。その後はペースを上げることができず、結果として3ヒートとも不本意なレースになってしまいました。この開幕戦で課題がいくつも見つかったし、次戦の決勝レースはいつもどおりの30分+1周なので、スピードと体力の両方ともに磨きをかけて、次こそ表彰台圏内でフィニッシュできるようにしたいです。



投稿日