IA2 ヒート1・2
JMX 2021
Round 1

新態勢で臨む大城魁之輔がヒート1で優勝、ヒート2で2位

jp HSR九州
新態勢で臨む大城魁之輔がヒート1で優勝、ヒート2で2位

●IA2 ヒート1
大城魁之輔(Honda Dream Racing Bells)が、2番手で1コーナーをクリア。1周目途中で内田篤基(カワサキ)を抜いてトップに立ちました。レース序盤、大城と内田は接近戦を繰り広げながら、早くも後続を5秒以上も置き去りに。4周目から内田のペースがやや落ち、逆に大城は5周目にペースアップして、トップ2台の距離も開きました。

レース中盤、3番手争いでは鈴村英喜(TEAM HAMMERホンダ学園)が奮闘。川上龍司(ヤマハ)や中島漱也(ヤマハ)と接近戦を展開しました。しかし9周目、中島と接触して鈴村が転倒。これにより鈴村は、2階級特進でIAに昇格した柳瀬大河(Bells Racing)に次ぐ8位に終わりました。15周で終了となったレースは、大城が独走で制しました。 

●IA2 ヒート2
大城はオープニングラップを4番手でクリア。2周目には川上、3周目には岸桐我(ヤマハ)をパスして、2番手に浮上しました。ところがこの段階で、トップを走る内田との差は約8秒にまで拡大していました。それでも、視界が開けた大城は、内田との距離を詰めるべくペースアップ。4周目には、内田をわずかにしのぐベストラップタイムを叩き出しました。 

ところが5周目以降、大城は思うようなラップを刻むことができず、レース後半にかけて内田とのギャップが拡大。終盤になって両者のラップタイムは再び拮抗したものの、大城は15周のレースを2位で終えました。鈴村と柳瀬は、レース中盤から4台が接近した4番手争いに加わり、鈴村が5位、柳瀬が7位でゴールしています。


大城 魁之輔 2
Honda Dream Racing Bells
今シーズンはHonda Dream Racingの態勢で走らせてもらえることになり、昨年までは自分でやっていたレース本番車の組み立てを専門のメカニックにお任せできたり、レース現場では整備やセッティングをはじめとする充実したサポートを受けられたりと、まさに好成績を残すことだけに集中できる態勢で走らせてもらえることになりました。それだけにこの開幕戦は、両ヒートとも優勝したかったのですが、ヒート2は悔しさが残るレースとなってしまいました。たしかにヒート1は、1周目からトップに立ち、自分が有利な展開に持ち込みやすい状況でしたが、スタートで少し出遅れたくらいで勝てなかったなど、言い訳になりません。シンプルに実力不足だと思うので、今後改善していきたいです

IA2 ヒート1

Pos. Num. ライダー マシン タイム / 差
1 2 大城魁之輔 Honda 32'17.54
2 4 内田篤基 カワサキ +8.68
3 10 中島漱也 ヤマハ +38.92
4 35 鳥谷部晃太 ヤマハ +39.73
5 11 小川孝平 ヤマハ +48.54
6 7 川上龍司 ヤマハ +50.97
7 34 柳瀬大河 Honda +1'00.10
8 15 鈴村英喜 Honda +1'02.21
9 9 池田凌 カワサキ +1'07.65
10 21 神田橋瞭 カワサキ +1'15.53
11 22 森優介 Honda +1'15.78
21 010 富岡寿弥 Honda +2'08.83

IA2 ヒート2

Pos. Num. ライダー マシン タイム / 差
1 4 内田篤基 カワサキ 32'33.41
2 2 大城魁之輔 Honda +12.86
3 8 岸桐我 ヤマハ +19.88
4 7 川上龍司 ヤマハ +21.51
5 15 鈴村英喜 Honda +23.71
6 11 小川孝平 ヤマハ +29.12
7 34 柳瀬大河 Honda +29.72
8 9 池田凌 カワサキ +36.33
9 10 中島漱也 ヤマハ +1'07.29
10 17 鴨田翔 カワサキ +1'12.17
20 010 富岡寿弥 Honda +1Lap
25 31 根岸瑞生 Honda +1Lap
DNF 22 森優介 Honda -


投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.