全日本モトクロス選手権

【2020シーズン総集編】大城魁之輔が安定した走りでランキング2位を獲得

2020年の全日本モトクロス選手権は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、当初の予定から4カ月半遅れの8月末に開幕戦が開催された。IA2クラスは4大会8ヒートでチャンピオンが争われた。

【2020シーズン総集編】大城魁之輔が安定した走りでランキング2位を獲得

Honda勢では大城魁之輔(Bells Racing)がシーズンを通して安定した走りを見せ、自身初のポイントランキング2位でシーズンを終えた。

開幕戦のSUGO大会のヒート2ではオープニングラップを6番手でクリアすると、僅差の争いの中で5番手に浮上。終盤に上位を走っていたライバルにリタイアがあり、3位表彰台獲得となった。

第2戦は新型コロナウイルスの影響により中止となり、1カ月のインターバルの後、第3戦は開幕戦と同じスポーツランドSUGOで開催された。大城はこの大会でもヒート2で3位を獲得し、2大会連続の表彰台登壇となった。

第4戦は新型コロナウイルスの影響によって開催中止となり、再び1カ月のインターバル。迎えた第5戦MFJGPで、大城はヒート1の序盤から積極的なレースを展開し、3番手のライバルとの差を広げながら、トップのライバルを追走した。しかし、レース中盤に入るとトップとの差が徐々に広がり、追いつくことは叶わなかったものの、シーズン最上位の2位でフィニッシュ。ヒート2はスタートの出遅れもあり、終盤3番手争いの接戦を制して3位。両ヒートで表彰台登壇を達成した。


第5戦でCRF250Rを駆る大城魁之輔
第5戦でCRF250Rを駆る大城魁之輔

最終戦となった第6戦関東大会。ヒート1では残り3周で2番手に上がりそのまま2位でゴール。ヒート2ではレース中盤、4.5秒先行していたライバルとの差を少しずつ詰めていき、終盤に3番手に浮上。そのままゴールまで守りきって3位でフィニッシュし、自身初となるIA2クラスランキング2位を獲得した。




Points

順位 No. ライダー マシン 総合 1 2 3 4 5 6
1 1 横山遥希 カワサキ 201 16 25 25 25 30 30 25 25
2 36 大城魁之輔

Honda

162 14 20 14 20 27 25 22 20
3 41 浅井亮太 ヤマハ 135 18 15 18 22 13 20 15 14
4 39 内田篤基 スズキ 131 25 14 23 27 20 22
5 47 西條悠人 カワサキ 121 11 9 20 18 19 18 16 10
6 31 大倉由揮 ヤマハ 110 22 22 16 25 23 2
7 40 川上龍司 ヤマハ 100 20 16 10 13 19 11 11
8 52 岸桐我 ヤマハ 90     16   20 21 18 15
9 60 池田凌 スズキ 90 7 10 13 14 16 12 5 13
10 01 中島漱也 ヤマハ 89 13 1   10 21 14 12 18
15 35 鈴村英喜

Honda

55 11 15 8 15 3 3
16 954 石浦諒

Honda

55 10 8 5 15 17
22 43 森優介

Honda

27 2 12 7 6

投稿日

メールマガジンに登録して.
最新情報を手に入れる.