fr
Scuderia AlphaTauri
Scuderia AlphaTauri Honda

Pierre Gasly

10

ピエール・ガスリー

Pierre Gasly

10歳でカートレースに参戦し、2011年にフランスF4選手権でシングルシーターへデビュー。総合3位でシーズンを終えると、翌年からはフォーミュラ・ルノー2.0へステップアップし、参戦2年目にチャンピオンを獲得します。

2014年にフォーミュラ・ルノー3.5へとステップアップして総合2位となり、翌年からはF1の登竜門であるGP2シリーズ(現F2選手権)へフル参戦をしつつ、Red Bull Racingのリザーブドライバーを務めます。2016年にGP2シリーズでチャンピオンを獲得したものの、その時点でF1シートに空きがなく、日本へ渡り全日本スーパーフォーミュラ選手権へ参戦。2勝を含む3度の表彰台登壇を果たし、タイトルをかけて最終戦へ臨むも、台風によるレース中止によって総合2位となりました。

この2017年終盤戦で、Scuderia Toro RossoからF1デビューして3戦に出場。2018年はフル参戦し、バーレーンGPでの4位入賞など活躍。2019年は兄弟チームのRed Bull Racingへ移籍を果たしましたが、後半戦は再びToro Rossoへ。21戦中14戦でポイント獲得を果たし、ブラジルGPでは2位に入り、自身初、チーム史上3度目の表彰台登壇を果たしました。2020年も引き続きScuderia AlphaTauri Honda(旧Toro Rosso)から参戦。チームのホームグランプリである第8戦イタリアGPでは予選10番手からのスタートで混戦を制し、自身初の優勝を果たしました。シーズンランキングでは10位となりました。

主な戦績

2012

ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 10位

2013

ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー チャンピオン

2014

ワールドシリーズ・バイ・ルノー3.5 2位

2015

GP2シリーズ 8位、F1世界選手権 Red Bull Racingリザーブドライバー

2016

GP2シリーズ チャンピオン、F1世界選手権 Red Bull Racingリザーブドライバー

2017

全日本スーパーフォーミュラ選手権 2位、F1世界選手権 Scuderia Toro Rossoから5レースに参戦

2018

F1世界選手権 15位

2019

F1世界選手権 7位

2020

F1世界選手権 10位