Formula 1

F1 2021 第8戦 シュタイアーマルクGP プレビュー

第8戦、第9戦は、オーストリアのレッドブル・リンクで行われる2連戦で、Red Bullグループのホームグランプリとなります。昨年はコロナ禍による変則日程の中で開幕戦の舞台となり、同じく2週連戦が行われました。

F1 2021 第8戦 シュタイアーマルクGP プレビュー

このレッドブル・リンクは、2019年にマックス・フェルスタッペンにより、HondaのF1復帰後初優勝を果たした舞台ですが、昨年の開幕2連戦では最高で3位表彰台にとどまったため、今年は雪辱を期すべく、チームとともに全力で挑みます。

長いストレートを鋭角のコーナーでつないだシンプルなレイアウトですが、それだけにパワーユニットへの負荷は大きくなります。全長も短く、ラップタイムはシーズン中最速となり、わずかなミスが結果に大きく響くため、常に緊張を強いられます。3連勝の勢いを追い風に、Red Bullファミリーにとってのホームサーキットで、さらなる結果へつなげていきます。


Toyoharu Tanabe
Toyoharu Tanabe
Honda Racing F1
Red Bull Racing Hondaのフェルスタッペン選手の優勝、またHonda PUを搭載する2チーム4台のマシンが力強い走りを見せたフランスを後にして、今週は昨年同様に2週連続でレースが開催されるレッドブル・リンクに向かいます。
レッドブル・リンクは、オーストリアの緑豊かな丘陵地帯に位置し、アップダウンに富んだ美しいサーキットです。全長が短くコーナーの数がシーズン中最も少ない10、短い全長に加えてコーナースピードが比較的高いことから、ラップタイムもシーズン中一番速くなります。予選時にトラフィックが発生することも頻繁にあるため、アタックのタイミングも重要になると考えます。
オーストリアはRed Bullにとっての母国GPであり、また我々が2019年にF1復帰後の初勝利をあげた思い出深い地です。我々にとっては特別なレースであり、チームメンバー全員がこの連戦に非常に高いモチベーションで臨んでいます。
ここまでRed Bull Racing Hondaが3連勝を挙げており、パーマネントサーキットである前戦フランスGPでの勝利は励みになっていますが、我々のライバルが強力であることに変わりはありません。
このサーキットでは例年接戦が展開されていますし、ここまでのシーズンの状況から今回もまた僅差の戦いとなると考えています。
2チーム、4台が好成績を上げられるよう、入念な準備とともに連戦に向かいます

投稿日