Race
EWC 2021
Round 2

エストリル12時間レースでF.C.C. TSR Honda Franceが優勝しランキング2位に浮上

pt Circuito do Estoril

7月17日(土)に全長4.182kmのエストリル・サーキットで行われたエストリル12時間レースで、CBR1000RR-R FIREBLADE SPを駆るF.C.C. TSR Honda Franceが計417周を走り見事優勝を果たしました。

エストリル12時間レースでF.C.C. TSR Honda Franceが優勝しランキング2位に浮上

厳しい暑さのなか、耐久レースのスペシャリスト、ジョシュ・フック、マイク・ディ・メリオ、高橋裕紀の3名のライダーが、激しい戦いの末に優勝を勝ち取りました。

F.C.C. TSR Honda France はマイク・ディ・メリオが4番グリッドからスタートし、3時間経過した時点で3番手に付けました。ライダーたちは安定したスティントを重ね、レース中盤には早いラップタイムを維持しながら2番手に浮上。

レースの最終1/4に差しかかり、トップのWEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTARとの差を縮めました。WEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTARはレース残り1時間半で、燃料切れでピットインを余儀なくされました。

残り50分、ジョシュ・フックが最終スティントを担当し、WEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTARに1周差を付けてCBR1000RR-R FIREBLADE SPを優勝に導きました。

今回の優勝でチームは46ポイントを獲得し、2021年シーズンのポイントランキングで計82ポイントの総合2位につけています。

CBR1000RR-R FIREBLADE SPを駆る#55 National Motos も力強いレースを見せました。グイラーム・アンティガ、ステファン・エゲア、エンツォ・ボウロムの3人組は13番グリッド(スーパーストッククラスの4番手)からスタートし、同クラスの表彰台2位を獲得しました。

レース開始から4時間後、チームは一時スーパーストッククラスの先頭を走りましたが、中盤、セーフティーカー導入によって周回遅れとなり、燃料切れが重なって2番手に後退しました。

次回のFIM世界耐久選手権第3戦は、9月18日にフランスのポールリカール・サーキットで開催される、伝説のボルドール24時間レースです。


Josh Hook
Josh Hook 5
F.C.C. TSR Honda France
みんな、本当によく頑張りました。一つもミスせず、集中して終始ペースをキープできました。今日は本当にラッキーな1日で、最後には優勝を勝ち取ることができました。優勝の可能性があることは分かっていましたが、ペース維持が結果につながりました。この1週間、精一杯取り組んでくれたチームのみんなに大いに感謝しています 

Mike Di Meglio
Mike Di Meglio 5
F.C.C. TSR Honda France
タフな1週間でしたが、こうして締めくくることができて乗り越えた甲斐があります。なんといっても耐久レースですから、絶対に諦めてはいけません。最後のスティントで攻めることができるかどうか挑んだ結果、ミスがあったライバルを追い上げることができました。全力を尽くしてゴールを駆け抜けることができ、本当にすばらしかったです 

Yuki Takahashi
Yuki Takahashi 5
F.C.C. TSR Honda France
レースウイークの始めからとてもハードでしたが、全員が頑張ってトラブルを解消しました。今日はみんなが全力を尽くしました。この優勝をとても嬉しく思います



投稿日