Race
EWC 2021
Round 4

オートドローム・モストでの6時間耐久レース、Honda勢にとって悔しい結果に

cz Autodrom Most

チェコのオートドローム・モストで行われたFIM 世界耐久選手権第4戦(最終戦)、#5 F.C.C. TSR Honda Franceはレース終盤にリタイアする、悔しい結果となりました。

オートドローム・モストでの6時間耐久レース、Honda勢にとって悔しい結果に

2021年シーズンの最終戦となった今大会。#5 F.C.C. TSR Honda Franceはチームワークの強さや決断力を見せ、日本チームの力強さを示すレースを展開しました。

木曜日に行われた予選の総合結果により、#5 F.C.C. TSR Honda Franceは4番グリッドを獲得しました。

スタートを務めたフランス人ライダーのマイク・ディ・メリオはすばらしい滑り出しを見せ、Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SPでトップ集団まで浮上。レース最初の2時間は、Honda勢が2番手につける好調な走りでした。

FIREBLADEはレース中、安定したパフォーマンスを見せ、3時間目に突入する直前は1分35秒台のラップタイムで好走をしていました。しかし、日本人ライダー、高橋裕紀がクラッシュ。ピットへマシンを戻すことになりました。

ピットでは迅速に修復作業が行われ、約17分間のピットストップの後、#5 F.C.C. TSR Honda Franceは23番手でコース復帰。4時間目に突入した時点では21番手までポジションをアップしました。

しかし、クラッシュからのテクニカルトラブルにより、チームはリタイアを強いられることとなりました。

望んだ結果とはなりませんでしたが、Honda勢として耐久レースを今シーズン戦ったライダー、ジョシュ・フック、マイク・ディ・メリオ、高橋裕紀、そしてチーム全員が2021年FIM 世界耐久選手権でシーズン通してすばらしいチームワークを見せ戦いました。

よい点も悪い点もあった2021年シーズンのFIM 世界耐久選手権、#5 F.C.C. TSR Honda Franceは91ポイントを獲得しチャンピオンシップ5位となりました。チームはさらに力強くなり、2022年シーズンに戻ってくることを誓います。


Josh Hook
Josh Hook 5
F.C.C. TSR Honda France
シーズン最後としてとても残念な結果となってしまいました。完走できたのが2大会のみとなってしまい、毎レースウイークすばらしい仕事をしてくれたチームにはとても申し訳なく思っています。今日のレースは、結果的にクラッシュからのトラブルが影響してしまったのだと思います。いいペースで走れていたのでこの週末はいい結果を出し、今シーズンのチャンピオンシップをいい位置で終えられること望んでいました。しかし、これがレースというものです。来シーズンはさらに強くなり、またサーキットに戻ってこれるように努めます

Mike Di Meglio
Mike Di Meglio 5
F.C.C. TSR Honda France
まず、すばらしい仕事をしてくれたチームに申し訳ない気持ちでいっぱいです。彼らは多くをつぎ込んでくれたのにも関わらず、今シーズン2レースがリタイアという結果になってしまいました。クラッシュが原因でトラブルが出てしまったのではないかと思われますが、とても残念でなりません。しかし来シーズンに向けて気持ちを切り替え、オフシーズン中のテストでさらに力強い来シーズンにできるよう準備をしていきます

Yuki Takahashi
Yuki Takahashi 5
F.C.C. TSR Honda France
マイク(ディ・メリオ)とジョシュ(フック)はそれぞれのスティントで速くすばらしい走りを見せていました。僕のスティントになった時、彼らと同じく速さを求めることを考えて1周目から走り始め、そしてクラッシュをしてしまいました。このクラッシュがリタイアの原因となってしまい、チームとチームメートの2人にはたいへん申し訳なく思っています。来シーズンはさらに力をつけて戻ってこれるよう努めていきます



投稿日