450MX Moto2
AMA MX 2023
Round 4

Team Honda HRCがハイポイント・ナショナルで連勝記録を伸ばす

us High Point Raceway
Team Honda HRCがハイポイント・ナショナルで連勝記録を伸ばす

・ジェット・ローレンスがまたしても450クラスでパーフェクト(1-1)

・ハンター・ローレンスが250クラス総合優勝(3-1)

・チャンス・ハイマスがレースをリードし、250クラス総合6位に入賞

レースリザルトを見る限り、ハイポイント・ナショナルはAMAプロモトクロスシリーズの最初の3大会によく似ていました。ジェット・ローレンス(Team Honda HRC)が450クラスで1-1、ハンター・ローレンス(Team Honda HRC)が250クラスで3-1という結果を残し、両クラスの総合優勝を総ナメにしたのです。しかし実際のところ今回は、この兄弟とチームメートはみな、クラッシュ、マディ路面、厳しいバトルに直面し、多くの課題を克服しなければなりませんでした。

J.ローレンスは450モト1でホールショットを取り、CRF450Rを駆ってトップに立ちましたが、3分の1ほど経過したあたりで転倒し、ケン・ロクスン(スズキ)に先行を許しました。 3番手で復帰したJ.ローレンスは、残り4周でギャレット・マーチバンクス(ヤマハ)とロクスンを抜いて、26秒差の逆転勝利をつかみました。モト2では6番手あたりからスタートしたJ.ローレンスですが、1周目をクリアした時点で4番手まで浮上しました。次周3番手に上がった後は長い間そのポジションを維持していましたが、その後にスパートをかけて、折り返し点を過ぎてからアダム・シアンサルーロ(カワサキ)をオーバーテイク。その段階でロクスンからは4秒ほどのビハインドでしたが、残り6周で差を縮めて逆転し、2秒差の勝利を収めました。

H.ローレンスは250モト1で好スタートを切りましたが、目の前でクラッシュしたライダーにラインをふさがれ、タイムロスを強いられました。1周目をクリアしたところで11番手でしたが、5周目にはトップ5に浮上しました。その後も追い上げを続けたH.ローレンスは、残り3周で3番手に躍進したものの、ポジションアップはそこまででした。モト2ではハイマスがホールショットラインを2番目に通過し、レースリーダーに躍り出ました。H.ローレンスはまたしても、クラッシュによって進路をふさがれました。1周目を7番手でクリアしたH.ローレンスは、全精力を注ぎ込んで3分の1を過ぎたところで2番手にこぎ着け、残り8周で僚友のハイマスをパスしました。その後は18秒差の独走勝利を収めたH.ローレンスでしたが、赤十字フラッグを無視したジャンプに対するペナルティーとして、7ポイントの減点を受けました。手堅く走り切りったハイマスは、5位でフィニッシュし総合6位に入りました。

NOTE

チェイス・セクストン(Team Honda HRC)は、3戦連続欠場中です。

J.ローレンスは、450モト1でファステストラップを記録。ハイマスは250モト2で最速タイムを出しました。

J.ローレンスの勝利によって、Hondaはハイポイントのプレミアクラスにおける2004年以来の総合優勝を果たしました。当地でのウイナーズリストに名を連ねているHondaライダーは、ジミー・エリス、ボブ・ハンナ、リック・ジョンソン(2勝)、ジェフ・スタントン(2勝)、ダグ・ヘンリー、デイモン・ブラッドショー、エズラ・ラスク、リッキー・カーマイケル(3勝)です。

H.ローレンスは今回の総合優勝によって、ハイポイントの250(125)レッドライダー優勝者リストに仲間入りを果たしました。歴代ウイナーは、ミッキー・ダイモンド(2勝)、ガイ・クーパー、ジョージ・ホランド、ジャン・ミッシェル・バイル、ブライアン・スウインク、ダグ・ヘンリー、スコット・シーク 、ジョシュ・グラント、イーライ・トマック、ジェレミー・マーティン、ジェット・ローレンスです。


HRC公式Instagramで最新情報をチェック!

https://www.instagram.com/hondaracingcorporation/


Jett Lawrence
Jett Lawrence 1
Team Honda HRC
一日中、乗っていて不安でした。こういうコースが泥に覆われてマディになってしまうと、レースどころかただ走るだけでも難しくなります。正直に言って、いつものルーティンを破って戦わなければならなかったので、ずっと謙虚に乗っていた一日でした。あのクラッシュは、集中力を維持するために必要だったような気がします。必ずしもホールショットを決めて、逃げる周回を重ねるわけではないという視点を保つためにも。状態がベストじゃないときにどうやって乗り越えるかを学んでいて、今後も必要なことだと理解しています。次のレッドバッドが楽しみで、待ち遠しいです

Hunter Lawrence
Hunter Lawrence 96
Team Honda HRC
ペナルティーを受けた件を除けば、すばらしい一日でした。オーバーオールで勝てたので、それ以上は望めません。コースコンディションは大荒れでした。あちこちにソフトな部分やくぼみが多すぎて、どうしたらいいのか全然わかりませんでした。すべてはスロットルコントロールを駆使してうまくやることでした。最初のプラクティスの段階から、クラッシュしないことだけを心掛けていました。モト1ではアグレッシブになりすぎないように、できることをすべてやって、モト2では自分のラインを保てるように集中しました。我々のチームにとって本当にいい一日だったし、この後は少し間隔が空くので楽しみです

Chance Hymas
Chance Hymas 832
Team Honda HRC
今日はとても勉強になった一日でした。クオリファイとモト1では、自分のリズムをつかむのに苦労しました。モト2で数ラップの間トップを走れたのは、とてもすばらしい体験でした。あとはレースが進むにつれてもっとラインを多く見つけて、テンポを維持できるように集中しないといけませんね。いくつかポジティブなことを得ることができたので、全体的にいい一日だったと思います


250MX Standings

Pos.RiderNum.TeamConstr.Pts
1Hunter LAWRENCE96HondaTeam Honda HRC175
2Haiden DEEGAN238YamahaMonster Energy Star Racing Yamaha 250 Team147
3R.J. HAMPSHIRE24HusqvarnaRockstar Energy Husqvarna Factory Racing133
4Jo SHIMODA30KawasakiMonster Energy Pro Circuit Kawasaki129
5Justin COOPER32YamahaMonster Energy Star Racing Yamaha 250 Team121
6Levi KITCHEN43YamahaMonster Energy Star Racing Yamaha 250 Team115
9Chance HYMAS832HondaTeam Honda HRC92
28Maxwell SANFORD162HondaConcrete Plants Inc5


投稿日