jp
Honda
TCS NAKAJIMA RACING

Naoki Yamamoto

1

山本 尚貴

Naoki Yamamoto

6歳からカートを始め、2002年に全日本カート選手権FAクラスチャンピオンを獲得。06年に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ (SRS-F)を卒業し、翌07年はスカラーシップ制度でフォーミュラチャレンジ・ジャパンに参戦して総合2位となりました。08年は全日本F3選手権に参戦、09年はNクラスで8勝を挙げ、見事にチャンピオンに輝きました。

10年はフォーミュラ・ニッポン、SUPER GTに参戦し、フォーミュラ・ニッポンでは、総合7位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。SUPER GTでは、伊沢拓也選手とコンビを組んで戦いました。デビュー戦で3位表彰台を獲得するなどして、総合8位。11年は、開幕戦岡山の2位が最高位となり、総合9位でシーズンを終えました。

伊沢選手とのコンビが3年目を迎えた12年は、開幕から2戦連続で2位表彰台を獲得。自己最高の総合5位でシーズンを終えると、シーズン終了後のJAFグランプリ富士スプリントカップでは3位表彰台に登壇しました。

13年は、SUPER GTでは、ウイダー モデューロ 童夢 レーシングに移籍。第5戦“鈴鹿1000kmレース”を制し、Honda勢で2番手となる総合4位でシーズンを終えました。NSX CONCEPT-GTのデビュー初年度の14年は、第5戦で優勝を果たし、総合4位となりました。一方、フォーミュラ・ニッポンから全日本選手権スーパーフォーミュラに名称が変更された初年度にチャンピオンを獲得。

15年はチーム クニミツに移籍し、伊沢拓也選手とともにNSX CONCEPT-GT勢の中でトップの成績となる総合3位となります。17年は第3戦でのポールポジションを獲得をはじめ、2度の3位表彰台に登壇し活躍と、安定した成績を残します。

そして、同チーム4年目となった18年は、ジェンソン・バトン選手がチームメートとして加入。開幕戦岡山、第3戦鈴鹿で2位、第6戦SUGOで優勝とポイントを積み重ね、最終戦でも3位表彰台に登壇して年間王座に輝きました。さらには、全日本スーパーフォーミュラ選手権でも栄冠を手にして、国内カテゴリーでのダブルチャンピオンを達成しました。

19年も引き続きバトン選手とともに、チャンピオンナンバー「1」を背負ったNSX-GTで戦いました。全日本スーパーフォーミュラ選手権では2位となり、2年連続チャンピオン獲得は果たせませんでした。

2020年はSUPER GTは牧野任祐選手をチームメートに迎え最終戦にライバルに先着し、チャンピオンを獲得。最終戦までもつれ込んだスーパーフォーミュラはライバルをおさえてフィニッシュし、SUPER GTとのダブルチャンピオンを獲得しました。

21年はSUPER GTは引き続き牧野選手とともに、スーパーフォーミュラは心機一転TCS NAKAJIMA RACINGに移籍して、ダブルチャンピオンの防衛に挑みます。